本日発刊!『平成の日本酪農とこれから』

みなさんこんにちは!

本日、Dairy Japanの新刊『平成の日本酪農とこれから』が無事発刊となりました。
平成の日本酪農のメモリーについて解説、そしてこれからの日本酪農について考える1冊です。
平成の酪農を生き抜いた方、これからの日本酪農を担って行く方、必読の1冊です。

詳しい内容・ご注文はこちら

ぜひご一読ください!! 

Dairy PROFESSIONAL最新刊のご案内

Dairy PROFESSIONAL vol.10【特集】美味しく安全な生乳を生産する

 Dairy Japan臨時増刊号《Dairy PROFESSIONAL》最新刊が発売されました。
 本誌をご購読いただいている皆様のお手元に届いた頃と思います。

 今回の特集は【美味しく安全な生乳を生産する】
 消費者の「食への安全・安心」への関心は、ますます高まっています。
 一方で、酪農経営の大型化や生乳流通の広域化など、さまざまなことを背景に、生乳生産者には「より安全で美味しい生乳の生産」への責任が高まっています。
 さらに、とくに大規模経営にとって、衛生的乳質や乳成分はもちろん、血乳やアルコール不安定乳、風味異常乳などの品質問題が発生した際に経営に与えるダメージは大きく、その対応が経営上の大きなテーマになっています。
 そこで本特集では、「安全で美味しい生乳」を生産・供給するために必要な技術情報と、課題解決へのケーススタディを盛り込み、わが国酪農と酪農乳業関係者の技術と経営向上を目指します。

 今までの酪農情報誌の増刊号になかったスタイルで、より実用的に!
 タイムリーかつ収益向上につながる技術特集をはじめ、4カ月ごとの経営情報やマーケティング情報を整理し、酪農経営におけるPlan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(改善)、いわゆるPDCAサイクルに役立つ内容が満載の《Dairy PROFESSIONAL》。
 皆様のお仕事に、ぜひお役立てください。


★詳しい内容やご購入はこちらから♪
 Dairy PROFESSIONAL Vol.10(DJオンラインショップ)
★本誌と併せてご購読できます。
 月刊Dairy Japan 定期購読(DJオンラインショップ)
★増刊号のみのご購読もお得!
 臨時増刊Dairy PROFESSIONAL定期購読(DJオンラインショップ)
☆あわせて読みたい! おすすめ書籍
 最新 乳房炎コントロール(DJオンラインショップ)

【DJオンラインショップ】年末年始休業のお知らせ

 いつもDairy Japanオンラインショップをご利用いただき誠にありがとうございます。
 弊社年末年始休業に伴い、下記の期間中は発送業務をお休みさせていただきます。
 年末年始休業中にいただいたご注文につきましては、1月5日以降の発送となりますので、何とぞご了承下さいますようお願い申し上げます。

 休業期間: 2017年12月29日(金)~2018年1月4日(木)
 発送開始: 2018年1月5日(金)

今年もやります! 【秋の書籍キャンペーン】実施中!

 いつもDairy Japanの書籍をご愛読いただき、誠にありがとうございます。
 ただいまDairy Japanでは、ちょっとお得な【秋の書籍キャンペーン】を実施中です!

[実施期間]
 実施中~2017年11月30日まで

[対象書籍]
 若い酪農家が奮闘し気がついたこと…
 それでも基本は発情を見つけて種を付ける 改訂版
 飼料特性を理解して上手に設計に活かす
 自給飼料増産60年の歩み

秋の書籍キャンペーン チラシダウンロードはこちらから
 ※オンラインショップ ポイント2倍特典をご希望の方は、Dairy Japanオンラインショップよりご購入下さい。

来週発売! 最新 乳房炎コントロール~損失を最小限にする~

 残暑お見舞い申し上げます。

 さて、弊社webをご覧いただいております皆様に、ひと足お先に耳よりなお知らせです。
 来週8月21日(月)、新刊「最新 乳房炎コントロール~損失を最小限にする~」が発売されます。

=バルク乳から真相がわかる!=
 乳房炎を予防するには、農場でどのような種類の原因菌が存在しているのかを知ることが非常に重要であり、それが「バルクタンク乳モニタリングが乳房炎コントロールのファーストステップである」といわれるゆえんです。バルクタンク乳モニタリング結果について、いろいろなケースを紹介しながら問題点を見つけ出し、改善する方法を紹介します。
 また、乳房炎の治療では、原因菌を乳汁培養により特定して最適な薬剤を投与することが、治療期間を短くする方法です。オンファームカルチャーを含め培養結果に基づく治療プロトコルも紹介します。
 さらに、牛床環境を含めた搾乳衛生や搾乳手順などについても、いかに乳房炎予防において重要であるかを解説します。そして、乳房炎コントロールの今後を展望します。

 詳しい内容・ご注文は、こちらから。

 その他7月発売の新刊「乳牛の護蹄管理」など、役立つ書籍が盛りだくさん! Dairy Japanオンラインショップをぜひご利用ください♪