第2回Dairy Japanウェビナー開催案内

2020 年 7 月 9 日

Filed under: — maetomo @ 1:02 午後 セミナー開催案内

Dairy Japanでは7月14日、第2回Dairy Japanウェビナーを開催いたします。

テーマは「分娩事故を減らすためのテクニック」です。第1回に引き続き、知多大動物病院・三重分院長の鳥羽雄一先生にご講演をいただきます。ご視聴は先着50名様に限らせていただきます。今回も、参加費は無料とさせていただきます。

大切にしたいお産だからこそ気が急いてしまい、少し早すぎるけん引の現場に遭遇することがあります。
早すぎるけん引は母牛の産道ダメージにつながり分娩後の立ち上がりを悪化させるとともに、場合によっては子牛の命を脅かします。
成功するためのお産の戦略はたくさんありますが、今回は、「気の持ちよう」「正常と異常の見極め(獣医師へはどのタイミングで連絡)」「できるだけ力を使わない牽引方法の検討」
についてご紹介いただきます。

お申し込みはこちらから。

「米国産DDGS」ウェビナー開催のお知らせ アメリカ穀物協会

2020 年 7 月 6 日

Filed under: — djito @ 2:52 午後 セミナー開催案内

アメリカ穀物協会は、以下の日程でウェビナー(インターネットのセミナー)を開催する。

■日時:7月22日(水)午前10:00~12:00(予定)

■内容:
米国DDGSに関して、ミネソタ大学のジェラルド・シャーソン博士が、DDGSの養豚、養鶏、酪農、肉牛の飼料としての現場での高配合率での給餌に関する20年間の研究のハイライトをまとめて講演する。
また、DDGS生産者から現状アップデートが報告される。

■参加方法
Zoomを用いて行なわれるので、申し込み(事前登録)すると、接続リンクが送られてくる。
登録は無料。定員に達した場合はその時点で締め切りとなる。
申込み専用リンクは以下から。
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_9HRt6-PFTyC9tak_MME8Gw
※氏名とメールアドレスをすべて英語(半角英数)で登録する。
※参加が受け付けられると、登録したメールアドレスに登録完了の連絡が届く。

■問い合わせ(メール)
アメリカ穀物協会 Japan@grains.org

弱含みで71.8万円 ホクレン家畜市場 6月の初妊牛相場

2020 年 6 月 30 日

Filed under: — djito @ 5:08 午後 業界情報

ホクレン家畜市場・初妊牛相場の6月集計(速報)がホクレン酪農部家畜販売課より発表された。

6月は、夏分娩中心の出回りとなり、暑熱事故への警戒感から導入控えが見られ、相場は弱含みで推移した。
※平均価格71万8000円(税込)
 前月比2万9000円安・前年比2万9000円安(税抜比)

7月は、一定量の更新需要は予測されるが、本格的な暑熱期の導入となり、導入需要の増加は見込み難いことから、相場は保ち合いで推移することが予想される。

6月24日Dairy Japanウェビナーご案内(再)

2020 年 6 月 23 日

Filed under: — maetomo @ 2:59 午後 セミナー開催案内

6月21日に告知しました第1回Dairy Japanウェビナーは、明日6月24日13時から開催いたします。
限定50名での開催ですが、まだ若干参加人数に余裕がございます。この機会にぜひ、ご参加ください。

Dairy Japanでは6月24日、以下のとおりウェビナー(オンラインセミナー)を開催します。Dairy Japanウェビナースタート記念として、参加費は無料です。先着50名様限定で開催しますので、奮ってご応募ください。
日時:2020年6月24日 13:00から1時間
参加費:無料
テーマ:サシバエ対策
お申し込み:https://zoom.us/webinar/register/WN_WLbD2ceuRoycvsQphT2eQw
講師:鳥羽 雄一(知多大動物病院 三重分院長/獣医師)
講師から本ウェビナー参加者へのコメント:
困った奴が出てくる季節になりました。そうサシバエです!!
サシバエによる痛みで「乳量が減った」「病気が増えた」「発情がわからなくなった」「管理の手間が増えた」などなどの被害は、例年10月まで続きます。
今回はウェビナーの機会をいただき、サシバエの被害の再確認、サシバエ対策の基本とポイント
について解説いたします。
ヒートストレスだけでも厳しい夏! 「サシバエ対策をして、快適に牛を飼育しましょう!」

第6回広島大学酪農技術セミナー・普及員等研修会中止

2020 年 6 月 22 日

Filed under: — maetomo @ 11:15 午前 ニュース

 広島大学酪農技術セミナー・事務局は、今年10月開催を予定していた「第6回広島大学酪農技術セミナー・普及員研修会」の開催を中止(延期)することを決めた。なお、次回は来年10月に開催する予定としている。

「北海道酪農技術セミナー2020」は開催中止

Filed under: — djito @ 6:16 午前 ニュース

北海道酪農技術セミナー・事務局は、今年11月25・26日に札幌コンベンションセンターにて開催を予定していた「北海道酪農技術セミナー2020」について、新型コロナウィルス感染の終息見通しが立たないことから中止することを決定した。
なお、「北海道酪農技術セミナー2021(第10回)」は来年11月25・26日に同所で開催することを予定している。

Dairy Japanwウェビナー開催案内

2020 年 6 月 21 日

Filed under: — maetomo @ 5:48 午後 セミナー開催案内

Dairy Japanでは6月24日、以下のとおりウェビナー(オンラインセミナー)を開催します。Dairy Japanウェビナースタート記念として、参加費は無料です。先着50名様限定で開催しますので、奮ってご応募ください。
日時:2020年6月24日 13:00から1時間
参加費:無料
テーマ:サシバエ対策
お申し込み:https://zoom.us/webinar/register/WN_WLbD2ceuRoycvsQphT2eQw
講師:鳥羽 雄一(知多大動物病院 三重分院長/獣医師)
講師から本ウェビナー参加者へのコメント:
困った奴が出てくる季節になりました。そうサシバエです!!
サシバエによる痛みで「乳量が減った」「病気が増えた」「発情がわからなくなった」「管理の手間が増えた」などなどの被害は、例年10月まで続きます。
今回はウェビナーの機会をいただき、サシバエの被害の再確認、サシバエ対策の基本とポイント
について解説いたします。
ヒートストレスだけでも厳しい夏! 「サシバエ対策をして、快適に牛を飼育しましょう!」
お申し込み:こちらから

ユーロティア2020、2021年2月に延期

2020 年 6 月 18 日

Filed under: — Yayoi Uruno @ 11:34 午前 ニュース

DLG e. V.(ドイツ農業協会)は6月17日、家畜生産に関する世界トップクラスのトレードフェア「EuroTier2020」(併催: エナジーデセントラル「EnergyDecentral」)の開催を2021年2月9~12日に延期することを決定した。
なお、会場に変更はなく、ドイツ連邦共和国ハノーバー市ハノーバー国際見本市会場となる。

第15回全日本ホルスタイン共進会中止決定

2020 年 6 月 15 日

Filed under: — maetomo @ 3:30 午後 ニュース

日本ホルスタイン登録協会は6月15日、今年10月末に開催を予定していた第15回全日本ホルスタイン共進会九州・沖縄ブロック大会の開催について、延期ではなく中止とすると発表した。緊急開催した理事会で決定した。
日本ホルスタイン登録協会は、「今後、コロナ禍の収束と酪農経営の回復状況を見ながら、改めて次の全共開催について検討していきたい」としている。

さらに一段下げて75万円 ホクレン家畜市場 5月の初妊牛相場

2020 年 5 月 30 日

Filed under: — djito @ 6:16 午前 業界情報

ホクレン家畜市場・初妊牛相場の5月集計(速報)がホクレン酪農部家畜販売課より発表された。

5月は、出回りの中心が夏分娩となり、都府県の導入需要が減退したことから、相場は一段値を下げて推移した。
※平均価格75万円(税込)、前月比4万1000円安・前年比6万4000円安(税抜比)

6月は、引き続き夏分娩中心の出回りとなり、出回り頭数の増加も予想されることから、相場は弱含みで推移することが予想される。

次ページへ »

Copyright (C) 2005 Dairy Japan Corporation. All Rights Reserved.