SDGsを宣言 畜舎のハエを徹底的にやっつける会社 (株)ジョイン

2021 年 11 月 22 日

Filed under: — djito @ 4:55 午後 ニュース

牛舎の防虫や消毒、暑熱対策や各種のカウコンフォートを提供している(株)ジョイン(本社/北海道紋別市)は11月19日、「SDGs宣言」を発表した。これは、国連が提唱する「持続可能な開発目標(SDGs)」に賛同し、持続可能な社会の実現に向けた積極的な取り組みを行なっていくというもの。その内容は以下の4本柱。それぞれに具体的な取り組み内容が記され、国連が目標とする17項目のうち12項目に該当する。

1 社員全員に寄り添い、多様な働き方を実現する。
2 農村社会の一員となり、農村を支える。
3 牛の健康、省エネ生産の一助となる。
4 利益を分かち合い、幸せな社会を創造する。

このSDGs宣言に至った経緯について細谷昌弘社長は、「農業は絶対に持続可能でなければならないのに、農村の人口は減り続けて不安や心配が増している。そうしたなか、うちは先月第三子が誕生し、この子達が生きる100年先の時代も、農村で幸せに暮らせるようにしなければならないとつくづく思い、会社としてSDGsに参加することにした」と話す。なお、この宣言にあたり北洋銀行のアドバイスも受けた。

宣言後、同社長は「今まで頭の中で考えていたことを整理し発表できて良かった。使命と責任を持って、従業員とともに有言実行していく」と強い決意を示している。

※写真:「SDGs宣言」発表会の様子。細谷昌弘社長・夫人のゆかさん・みゆちゃん(写真=(株)ジョイン提供)

第72回日本酪農研究会を開催

2021 年 11 月 17 日

Filed under: — 前田真之介 @ 5:51 午後 未分類

日本酪農青年研究連盟は11月17日、第72回日本酪農研究会を開催した。昨年は新型コロナウイルスの影響で開催見送りであったが、今年は北海道札幌市にて実地開催された。

経営発表では、6名の酪農家が発表を行ない、村崎隆一さん(北海道・大樹町)が「自給飼料でゆとりある持続的な酪農を目指して」というテーマで発表し、最優秀賞である黒澤賞を受賞した。

 

岩田秀一さん(北海道・沙留)は優秀賞を受賞。発表テーマは「~”喜土愛酪”新たなる道」

天満達也さん(岩手県・久慈)は太田賞を受賞。発表テーマは「今を生きる」

 

 

「2021年度 酪農学園大学・雪印種苗 共催酪農セミナー」オンライン開催

2021 年 11 月 2 日

Filed under: — djito @ 2:30 午後 セミナー開催案内

■開催プログラム
1. 周産期管理
1)「フレッシュ牛のスタートを成功に導くために!」
 アダム・ガイガー博士(ジンプロコーポレーション)
 通訳:高尾佳伸テクニカル・セールスマネージャー(ジンプロアニマルニュートリションジャパンインク)
2)「乾乳期管理の基本~周産期疾病低減を目指して~」
 谷川珠子主査(道総研 酪農試験場 酪農研究部 乳牛グループ)
2. 乳牛のゲノミック評価
1)「家畜におけるゲノミック選抜の現状と展望」
 増田豊准教授(酪農学園大学 家畜育種学研究室)
2)「乳牛のゲノム検査の特長と有用性~クラリファイドプラス~」
 長谷川太一獣医師(ゾエティス・ジャパン)
■開催日時
《事前配信》講演を録画して配信
配信期間:11月16日(火)9:00~12月4日(土)12:00
 ※開始・終了時間は前後する可能性あり
 ※質問受け付け締切日:11月25日(木)
《総合討議》事前に受け付けた質問に対しての総合討議
配信日:12月4日(土)13:00~15:00
■実施方法
《事前配信》WEB配信にて期間限定配信
《総合討議》WEB利用で開催
■参加費用:無料
■申し込み開始日:11月2日(火)
■申し込み締切日:12月3日(金)
■申し込み方法:以下のサイトから。
https://www.snowseed.co.jp/kyosaiseminar2021
■視聴用URL:事務局よりメールでご案内される

Dr. オバートン(コーネル大)webセミナー「周産期の最新知見」12月開催 デイリー・コンサルティング

2021 年 11 月 1 日

Filed under: — djito @ 8:10 午後 セミナー開催案内

乳牛栄養学の最新情報・技術を提供しているデイリー・コンサルティング社(代表:安井喬氏)は、12月16日(木)の9時から、酪農セミナー「周産期の最新知見」をオンラインで開催する。
講師は、世界的な周産期研究の第一人者として名高い、コーネル大学のTom Overton教授。
【セミナー内容】
・最新の周産期科学:栄養、代謝、免疫
・問題解決のための栄養的アプローチとガイドライン
・問題解決のための管理アプローチ
・質疑応答
参加予約は以下のサイトへ。
https://dairyconsultingcornellansci.peatix.com

引き合い弱く60.2万円 ホクレン家畜市場10月の初妊牛相場

Filed under: — djito @ 10:21 午前 業界情報

ホクレン家畜市場・初妊牛相場の10月集計(速報)がホクレン酪農部家畜販売課より発表された。

10月は、新型コロナウイルス禍により次年度に向けての生乳生産の先行き不安から、道内外ともに初妊牛の引き合いは弱く、平均価格60万2000円(前月比2万3000円安・前年比12万6000円安)と弱含みで推移した。

11月は、下牧により出回り頭数が最も多くなる時期となり、例年であれば年明け分娩に移行し引き合いも強まっていく時期となるものの、先行が不透明なことによる不安感は強く、相場は弱保ち合いで推移することが予想される。

分娩前後に関するセミナーを開催:ラレマンドバイオテック(株)

Filed under: — 前田真之介 @ 10:02 午前 未分類

【分娩前後に関するセミナーを開催】ラレマンドバイオテック(株)

ラレマンドバイオテック(株)は、11月19日(金)にWebセミナーを開催予定。

セミナーテーマは「乳牛の分娩前後の変化と管理~生きた酵母の活用~」で、同社反芻動物技術マネージャーのピロン オーレリアン氏が講演を行なう。セミナーは日本語の翻訳がつき、参加費は無料。

 

【開催案内】

開催日時:2021年11月19日(金)14:00~16:00(入退室自由)、質疑応答あり

内容:乳牛の分娩前後の変化と管理 ~生きた酵母の活用~

講師:ピロン オーレリアン氏
司会:大熊 就明氏
通訳:柴田 眞木氏

参加費:無料 下記URLより申し込みが可能。

――以下同社よりセミナー開催に伴うメッセージ――

分娩前後は乳牛管理のカギとなるステージです。分娩前後の変化に関する最新知見と、生きた酵母「レブセルSC」を用いた乳牛の管理についてわかりやすくご紹介いたします。ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

―――――

参加URLは

https://lallemandanimalnutrition.com/ja/japan/%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88/

ウェブからの申し込みは、セミナー直前まで受け付け可能。

 

専門家が課題抽出・改善策を提案する新サービス開始 ファームノート

2021 年 10 月 29 日

Filed under: — djito @ 9:25 午前 新商品

(株)ファームノート(本社:帯広市、代表取締役:下村瑛史氏)は、酪農家向けに、獣医師などのプロフェッショナルが酪農経営上の課題を抽出し、解決策を提示するサービス「Farmnote Compass」を10月28日から提供開始した。
同サービスは、クラウド牛群管理システム「Farmnote Cloud」などから抽出した情報やデータに基づいて課題を抽出し、疾病予防や繁殖成績向上施策などの獣医療などに必要な経営環境づくりを支援するもの。
実証実験に参加した生産者のなかには、1年間で平均分娩間隔が25日短縮できたケースもあった。
生産者への提供価格は月額5,000円(初回無料)から。
詳細は以下へアクセスを。
https://farmnote.jp/press-release/20211028.html

帯広畜産大学「生産獣医療技術研修」(WEBセミナー)募集

2021 年 10 月 25 日

Filed under: — djito @ 4:44 午後 未分類

帯広畜産大学 畜産フィールド科学センターは12月に、オンライン(Zoom)で「生産獣医療技術研修」を毎週1回×4回の日程で開催する。
●日程:12月1・8・15・22日。いずれも14:30~17:00
●募集人数:100名
●対象:獣医師および酪農関連団体職員の指導者(初心~中級クラス対象)
●研修内容:研修タイトル(講師は草場信之准教授)
12月1日「乳房炎の原因菌」、12月8日「泌乳生理と正しい搾乳」
12月15日「搾乳システムと乳房炎」、12月22日「乳房炎のコントロール」
●受講料:20,000円(教材費)
●申込期限:11月25日
●詳細、申込方法は以下へアクセスを。
https://www.obihiro.ac.jp/facility/fcasa/news/40955

ウェビナー「最新研究から学ぶ!プロバイオティック飼料の牛乳房炎への効果」開催

2021 年 10 月 19 日

Filed under: — maetomo @ 9:27 午前 セミナー開催案内

アサヒバイオサイクル株式会社は11月12日、ウェビナーを開催する。ウェビナーでは、東北大学大学院・家畜健康科学講座の麻生久教授が、「最新研究から学ぶ!プロバイオティック飼料の牛乳房炎への効果」」について講演する。同社主催のウェビナーは初となる。

・日時:11月12日(金) 13:00から14:30

・詳細と申込みは以下から

https://www.asahibiocycle.com/ja/company/seminar/202111/info.html

ミキシング給餌バケット「シエプロMBシリーズ」販売開始 コーンズ・エージー

2021 年 10 月 15 日

Filed under: — djito @ 2:04 午後 新商品

(株)コーンズ・エージーは、SIEPLO(シエプロ)社製のフリーストール牛舎用「給餌バケットMBシリーズ」を販売開始した。
サイレージや飼料の積み込みからミキシング、畜舎での給餌作業まで1台で対応できる。
バケットはステンレス鋼製でバーチカルオーガを搭載。大小の牛舎に対応できる1.0~4.0立米までの各サイズを揃え、ホイールローダーやフォークリフトに装着して利用できる。
オプションで、ミリングカッター、サイドシフト(排出口のスライド機能)、重量計が装着可能。
ホイールローダー、フォークリフト、トラクターの機種によって専用取付けブラケットが必要。
■モデル:MB1150(1.0立米)・MB1300(1.5立米)・MB1500(2.0立米)・MB1800(2.22立米)・MB2000(2.75立米)・MB2250(3.35立米)・MB2500(4.07立米)
■さらに詳しくはこちらへ。
https://www.cornesag.com/product/feeding/cat/_mb/feature.html
■問い合わせ
(株)コーンズ・エージー
北海道恵庭市北柏木町3丁目104番地1
TEL 0123-32-1452

次ページへ »

Copyright (C) 2005 Dairy Japan Corporation. All Rights Reserved.