宇都宮賞が決定:上田敏光氏(美瑛町)・瀧澤義一氏(鶴居村)・木村博文氏(大樹町)

2019 年 1 月 11 日

Filed under: — djito @ 5:53 PM ニュース

宇都宮賞

宇都宮仙太郎翁顕彰会(北良治理事長)は1月11日、「第51回宇都宮賞」の表彰者を以下の3氏に決定した。
表彰式は例年どおり、同翁の命日にあたる3月1日に札幌市で開催する。

●酪農経営の部=上田敏光氏(美瑛町)
乳牛個々の能力を最大限に引き出して生産性を高めるためには、自給粗飼料の品質向上が不可欠と考え、当時研究が開始されはじめたルーサンに着目して導入を図るとともに、土壌分析に基づく完熟堆肥の草地還元、草地の植生改善などに積極的に取り組んだ。また、良質な自給飼料の安定確保や労働力負担軽減のため、TMRセンターの設立、運営にも貢献した。
乳牛改良の不断の取り組みに加えて、良質な自給粗飼料の給与、カウコンフォートを追求した飼養管理の実践により、昭和61年には、それまで全道で数名しか達成していなかった牛群平均乳量1万kg以上を実現し、直近の牛群検定では、乳量1万2388kg、乳飼比17%と極めて優れた成績を収めている。

●酪農指導の部=瀧澤義一氏(鶴居村)
平成23年にホクレンの代表理事副会長に就任、生乳生産基盤の強化を目的とした「生乳生産安定対策」等の構築に指導力を発揮するとともに、酪農家の所得向上と経営基盤強化を図るため、草地の適期更新、搾乳牛の増頭や搾乳システムの改善など、酪農が抱える課題の解決に向けた支援策の実現に大きな役割を果たした。
加工原料乳生産者補給金制度について、チーズや液状乳製品向け生乳への交付対象拡大を強く国に働きかけるとともに、同補給金が改正畜安法において恒久的制度として措置されるなかで、生乳の共計・共販体制が適切に維持されるよう提言するなど、北海道酪農の長期的な安定・向上に尽力した。

●乳牛改良の部=木村博文氏(大樹町)
カナダオンタリオ州において2年間の牧場研修後に就農、体型レベルの向上を基にした長命・連産の牛群作りを目指して、牛群検定や体型審査に積極的に取り組むとともに、全道共進会等へ毎年のごとく出品し、数多くの名誉ある賞を受賞している。
牛群検定においては、乳脂肪率、乳蛋白質率等の乳成分が全道平均を大きく上回り、また産次別牛群構成において、3産以上の占める割合が47%と十勝管内平均、全道平均を上回るレベルにある。
体型審査では、35頭のエクセレント牛を生産するとともに、ホルスタイン農協の優秀牛群表彰を平成15年度から13年間連続して受賞し、平成29年度の体型審査においては、平均体型得点85.2点、平均体型偏差値143.0という傑出した成績を収めている。

2019年のスタート

2019 年 1 月 8 日

Filed under: — Yayoi Uruno @ 2:29 PM ニュース

IMG_7762
日本乳業協会など乳業13団体は1月8日、都内で平成31年合同新年賀詞交歓会を開催した。
開会に当たり日本乳業協会の宮原道夫会長は、昨年の酪農乳業界の話題として「昨年は自然災害が非常に多い年だった。酪農乳業界における生乳流通は台風や北海道胆振東部地震により、北海道から都府県への生乳の移出制限が幾度も発生し、小売では一時的に飲用牛乳の品切れなどが発生した」と述べ、「これにより改めて明らかとなった酪農乳業の課題は、北海道と都府県のバランスを保った生産に加え国産の乳製品需要に見合った供給体制が必要であること」と課題を指摘した。また宮原会長は、「国際的には昨年12月30日に発効されたTPP11、2月発効予定の日EUEPAなどにより、今後民間貿易による乳製品の輸入数量の増加が見込まれ、需要に応じた国安牛乳乳製品の生産や酪農乳業のより一層の競争力の強化が求められる。このような牛乳乳製品における需給の調整実態や国際化の進展による調整機能低下を認識いただき、本年度見直しが検討される酪肉近における最重要課題の一つと位置づけ、全国特に都府県酪農を中心として生産基盤の強化を図っていただけるよう改めて強く願う」と述べた。
牛乳乳製品の消費に関して宮原会長は、「健康志向の高まりや消費者ニーズを踏まえた商品開発などに支えられて堅調に推移している。当協会の会員や関係団体との連携を強化し、積極的な普及啓発活動を推進していく」と述べた。学校給食用牛乳の風味問題については、「各種研修会や食育活動などを通じて引き続き風味問題発生抑制に努めたい」と強調し、最後に「2019年も課題は山積しているが、将来をしっかりと見据えたうえで方向性を探り、外部環境の変化に柔軟に対応しながら課題を一つずつ解決していくとともに酪農乳業界の価値向上に努めていきたい」と述べた。

全国から200人超の酪農女性が一堂に 酪農女性サミット

2018 年 12 月 5 日

Filed under: — djito @ 10:34 PM ニュース

s-酪農女性サミットphoto_web

酪農女性や酪農業界に関わる女性が集う「酪農女性サミット 2018」(主催/酪農女性サミット実行委員会、共催/日本コカ・コーラ、JA全農)が12月5・6日の2日間の日程で、北海道根室管内中標津町で開催されている。
昨年を大幅に上回る280名の参加で(その3/4が女性)、道内はもとより都府県からの参加者も増えた。

開催にあたり実行委員長の砂子田円佳さん(北海道広尾町・酪農家)は、「昨年の初開催の反響が大きく、こうして第2回目を開催することができた。参加を許してくれた家族や職場への感謝を忘れず、目一杯楽しみ、明日につながるヒントをたくさんつかんでいただきたい」と挨拶した。

初日は、基調講演としてHBC北海道放送アナウンサーの森結有花さんが「働くあなたの背中を見て」と題して、十勝管内の酪農教育ファームで1泊2日の酪農体験をしたときの感動と学びなどを紹介。「乳牛は生乳生産を使命とし、酪農家は愛情をもって、それをまっとうさせることが仕事なのだと改めて知った」と語った。

トークセッションでは「酪農女性のモチベーションUP講座~仕事・生活・家庭・育児・働く女性のやる気スイッチ~」と題して女性3人が、今に至った経緯や酪農に対する思いなどを語った。

十勝管内豊頃町で哺育牛・育成牛約1000頭を受託管理しているシー・ブライトの桐山奈津紀さんは、まわりの酪農家が規模拡大し、手間がかかる哺育・育成管理を分業化してもらえるよう、8年前、両親とともに酪農業から今の受託事業に経営転換した。運営当初、初乳給与量が契約酪農家ごとで違いがあり、それが疾病に直結していることを課題としていた。そこで、ニュースレターを配布したり、入牧時の血清蛋白質の検査結果や体重・体高などのデータを契約酪農家に示したり、懇談会で情報共有をはかるなどした。その結果、初乳給与の重要性が認識され、給与量が増加し、子牛の健康度が増した。自身のモチベーションアップは、契約酪農家の暖かい一言。しかし、「プロである以上、甘えてはいけないと思い奮起している」と語った。

削蹄師だったご主人と十勝管内大樹町に10年前に新規入植し、7人の子ども達に囲まれる大家族の母でもある河口晶子さんは、妊娠・出産・子育てと牧場仕事の両立で体調を崩したこともあったが、ご主人の支えで乗り越えてきたエピソードなどを紹介した。「酪農は1日1日の積み重ねであり、奥深く、正解がなく、自分のスタイルを作っていけることが面白い」と話した。頼めることはプロに頼むのも良いと考え、2年前にTMRセンターに加入。日乳量40kg以上を達成し、日中に出かける時間も作れるようになった。「遠い未来のことはわからない。だから今できることを今がんばる。始めたらやるしかないし、100点でなくても何とかなる」と語り、新たな挑戦に踏みとどまっている女性へエールを語った。

証券会社勤務を辞めて再び大学に進学して獣医師資格を取得し、生産獣医療を営む北海道の開業診療所で修業後、2年前から鳥取県の大山乳業農協で繁殖検診や営農指導にあたっている佐藤麻子さんは、修行時のエピソードを紹介。当時、滅入ったときに支えとなったのは、ひたすら仕事をする社長と先輩、もたつく新人(自分)をぐっとこらえてくれた酪農家、そしてご主人だった。そして酪農家の成績が上がることが一番楽しかったという。「やってみたいことは今さらなどと思わず、今始めよう。失敗しても、反省しても、後悔しないように」と語った。さらに繁殖について、高泌乳牛は発情持続時間が短いことから授精タイミングを見直す必要があり得ること、記録が大事であることなども紹介した。

※詳報はDairy Japan 2月号で

搾乳ロボットは228戸で431台が稼働 北海道フリ・パラ調査

2018 年 11 月 26 日

Filed under: — djito @ 1:32 PM ニュース

News_フリパラ

北海道農政部畜産振興課はフリーストール牛舎・ミルキングパーラー導入状況を示す「新搾乳システムの普及状況について」(通称、フリ・パラ調査)を発表した。
平成30年2月1日現在の道内の酪農家数は5630戸であり、そのうちフリーストール牛舎・ミルキングパーラー(搾乳ロボット含む)を導入している全酪農家を対象に調査したもの。

ミルキングパーラーを導入している酪農家は1519戸(道内酪農家比27.0%)、フリーストール牛舎を導入している酪農家は1576戸(同28.0%)。両方とも導入している酪農家は1500戸(同26.6%)で、前年同期に比べ7戸増加している。

ミルキングパーラーの導入については搾乳ロボットを中心に増加しており、228戸で導入され431台が稼働、ミルキングパーラー全体の13.9%を占めている。
経産牛の飼養頭数規模が100頭未満の経営ではアブレスト型の割合が高く、100頭を超えるとヘリンボーン型やパラレル型が増加、300頭以上の経営ではパラレル型に次いでロータリー型の割合が高くなっている。

TMRセンター同士が情報交換 十勝TMRセンター連絡会議

2018 年 11 月 22 日

Filed under: — djito @ 6:39 PM ニュース

04

十勝管内の全TMRセンター(14センター)が参加する十勝TMRセンター連絡会議は11月22日、帯広市で第3回研修会を開催し、会員TMRセンターはじめ関係機関から多数が参加した。

開催にあたり山本利浩会長(広尾町/サンタドリームサプライ)は、本年度産の粗飼料で気になることとして、牧草サイレージの高水分・低TDN、コーンサイレージの切断長などをあげ、「われわれは収穫・調製したもので勝負していかなければならない。この研修会で、悩みや課題解決のヒントを探るとともに、仲間づくり、情報交換に役立ててほしい」と挨拶した。

研修会はまず恒例のTMRセンター紹介として、鹿追町TMRセンター(平成25年設立、酪農家17戸参加)と中島デイリーサポート(大樹町、平成15年設立、6戸による1法人と個人経営1戸で構成)が運営状況を発表した。

次に情報提供として、十勝農業改良普及センターが「倒伏対策のための飼料用とうもろこし栽植密度低減について」と題し、とうもろこしの倒伏判定と引き倒し抵抗力測定の仕方、2地域での倒伏リスク低減試験事例を紹介した。

その後、4班に分かれて意見交換会が行なわれた。
とうもろこしの品種選定、一番草の栄養不足やバラツキの対応、TMR価格、センターでの収穫機械の購入について、停電時の対応、センターでの哺育・育成事業展開、とうもろこし委託栽培における畑作農家との連携、三番草までの収穫体系などが話題に上がり、貴重な情報が交わされた。

※詳報はDairy Japan 1月号にて

最優秀賞は幌延地方連盟・高原弘雄さん

2018 年 11 月 16 日

Filed under: — maetomo @ 10:19 AM ニュース

高原

日本酪農青年研究連盟は11月14日、静岡市内で第70回日本酪農研究会を開催した。研究会には全国の盟友ら約280名が参加した。今回は研究発表7題、意見・事例発表5題が発表された。
このなかで最優秀賞である黒澤賞を受賞したのは、幌延地方連盟・南川口研究会の高原弘雄さん。
審査員長の秋田県立大学・鵜川博樹教授は、高原さんの受賞理由を以下にように述べた。

天塩町の中規模家族経営。台風で牛舎が全壊し、ほぼ新規に近いかたちで放牧酪農を築いた。濃厚飼料給与量が減少し、乳飼費は8%まで減少し、所得率を高めた。
放牧は近年求められているアニマルウェルフェアでも評価できる。土壌診断に基づく施肥管理も評価された。
経営継承を見据えた放牧酪農のモデルケースとして期待している。

このほか、優秀賞には北部十勝地方連盟・川初伸司さん、改善賞には宮城県連盟・玉根満晃さん、努力賞には静岡県連盟・土井良太さん、奨励賞には宮崎建連盟・新村慶一さん、岡山県連盟・永禮淳一さん、千葉地地方連盟・伊藤昭憲さんがそれぞれ受賞した。

第2四半期は増収減益――雪印メグミルク

2018 年 11 月 8 日

Filed under: — Yayoi Uruno @ 3:59 PM ニュース,業界情報

雪印メグミルク(株)は11月8日、都内で2019年3月期第2四半期決算説明会を開催した。同期の連結売上高は3053億円(前期比100.6%)、連結営業利益95億円(同86.6%)と増収減益だった。通期の連結業績予測は6050億円(同101.5%)、営業利益は190億円(同98.1%)で増収減益を見込む。
営業利益の増減を見ると、販売単価差がプラス15億円、製品構成差がプラス5億円に対し、固定経費の増加がマイナス10億円、オペレーションコストの増加がマイナス9億円、販売物量減少による利益減がマイナス7億円、原材料コストの増加がマイナス6億円などが響き、約15億円の減益となった。
チーズ、バター、粉乳等が含まれる乳製品セグメントでは、売上高が1174億円(前期比99.7%)だった。営業利益はプロダクトミックスの改善および価格改定・容量変更の実施に伴う販売単価差が増益要因としてあったものの、乳価改定などの影響による原料コストの増加や固定経費の増加に加えて9月に発生した北海道胆振東部地震の影響もあり減益となった。
牛乳類・ヨーグルトなどが含まれる飲料・デザート類セグメントでは、売上高が1452億円(同100.9%)だった。営業利益は、機能性ヨーグルトの販売が拡大したものの、積極的なプロモーション活動に伴い宣伝促進費が増加したこと、オペレーションコストや減価償却費が増加したことなどから大幅な減益となった。

第2四半期は微増収減益――明治HD

2018 年 11 月 7 日

Filed under: — maetomo @ 4:40 PM ニュース

明治ホールディングスは11月7日、2019年3月期第2四半期決算短信を発表した。第2四半期の連結売上高は6119億7100万円で前年同期比0.1%増の微増収、営業利益は438億4000万円で同2.9%減の減益だった。通期では売上高1兆2655億円で前期比2.0%増、営業利益1010億円で同6.7%増を見込む。

なお、KMバイオロジクス社の子会社化と、その負ののれん発生益を特別利益への計上したことが売上高や営業利益、経常利益、特別利益などを前回発表予想を上回る見通しとなったことから、通期の業績予想を上方修正した。

第2四半期の食品セグメントの売上高は5238億円で前年同期比1.8%減、営業利益は390億円で同4.6%減だった。主力のプロバイオティクスヨーグルトやチョコレートの減収などにが減収の主な要因。
このうち牛乳類は522億円で同1.7%減、プロバイオティクスヨーグルトは521億円で4.7%減だったが、ヨーグルトは450億円で2.0%増、チーズは180億円で5.0%と売上を伸ばした。

同期の集乳量は64万tで、うち北海道は41万tで前年同期比98.7%、都府県は23万tで同96.3%だった。

第2四半期は減収減益――森永乳業

2018 年 11 月 2 日

Filed under: — maetomo @ 4:23 PM ニュース

森永乳業は11月2日、2019年3月期第2四半期決算短信を発表した。第2四半期の連結売上高は3114億1100万円で前年比1.7%減、営業利益は148億2600万円で同12.1%減の減収減益だった。通期の連結業績予測は売上高5820億円で同1.7%減、営業利益は203億円で同6.4%減の減収減益を見込む。

営業利益の増減を見ると、売上単価差がプラス12億円、プロダクトミックス改善がプラス12億円に対し、売上数量減がマイナス12億円、原料乳価格上昇がマイナス2億円、原材料価格上昇がマイナス18億円などが響き、約20億円の減益となった。

セグメント別では市乳売上が1009億7400万円で前年比30億72万円の減(3.0%減)、うち牛乳類は349億4900万円で20億5200万円の減(5.5%減)、乳飲料等が306億300万円で15億8900万円減(4.9%減)、ヨーグルトが300億2800万円で11億6400万円増(4.0%増)だった。
乳製品の合計売上は473億4800万円で7500万円増(0.2%)だった。

同社はこれらの売上増減について、「牛乳類は不採算品の整理などによる売上数量の減少によるもの。乳飲料等では、マウントレーニアの苦戦が大きかった。今年の夏は酷暑で、濃厚・濃密なマウントレーニアのコンセプトと合わなかったことがマイナス要因だったのではないか。ヨーグルトは従来品が好調だったことに加え、新商品のトリプルアタックヨーグルトが好調に推移したことが増収に寄与した」などと説明した。

人手不足の対策について情報交換 北海道TMRセンター連絡協議会

2018 年 10 月 30 日

Filed under: — djito @ 6:20 PM ニュース

北海道TMRセンター

北海道TMRセンター連絡協議会は10月30日、札幌市で第13回定期総会と研修会を開催。
道内TMRセンター会員はじめ関係者ら約220名が参加した。

総会では佐々木二郎会長が挨拶で、今年の牧草およびコーンサイレージの低品質による影響不安、また近年深刻化している人手不足にも触れ、「TMRセンター運営も大変な状態。酪農家の維持、地域の維持のために、人材確保・育成などの情報提供および交換をしていきたい」と述べた。
引き続き、活動報告・計画、収支報告・計画など議案どおりに可決された。
また、任期満了に伴う役員改選で、以下の新役員体制が決定した(敬称略)。

会長・佐々木二郎(浜頓別エバーグリーン)
副会長・伊藤敏彦(デイリーサポート別海)
筆頭理事・小林康紀(更別TMRセンター)
会計・村本隆(アグリランド)
代表監事・山本利浩(サンタドリームサプライ)
監事・佐藤昌嗣(こしみずエコフィードサービス)
理事・長渕重樹(中標津ファームサービス)
理事・荒木隆志(フロンティアニセコ)
理事・山岸康行(デイリーフィードサロベツ)
理事・石村正昭(鹿追町TMRセンター)
相談役・近藤三男(オコッペフィードサービス)
相談役・野々村仁(CFT)
顧問・佐竹敦(デリバリーフィードセンター名寄)
顧問・渡部隆信(クレインランドTMRセンター)
顧問・菊地厚(アグリサポートばろう)

その後の研修会では、以下の講演が行なわれた(敬称略)。
高橋牧場 ニセコミルク工房/店長・高井裕子「故郷(ふるさと)ニセコで私たちにできること」
アルプス技研/とかち分室責任者・藤田顕士「農業分野での人材確保について」
マイナビ 農業活性事業部/部長・佐々木康人「採用動向のご報告」
農水省 飼料生産振興班/課長補佐・山下裕樹「平成31年度予算概算要求(飼料関係)について」

ニセコミルク工房の高井店長は、冬の集客のためにシュークリームやプリンなどのスウィーツを製造販売したことで従業員の通年雇用が安定したことなどを紹介。また、視察に来る学生は約1割しか牛乳を飲んでいないという調査エピソードを話し、「牛乳販売を今後の課題としているが、そのためには、牛乳をどうやって飲んでもらうか、どうやって使ってもらうかを考えなければ難しい。しかし地元の学校でうちの牛乳を飲んでもらうのが夢である」と語った。

次ページへ »

Copyright (C) 2005 Dairy Japan Corporation. All Rights Reserved.