前年比15.5万円安の77.3万円 ホクレン家畜市場 7月の初妊牛相場

2019 年 7 月 29 日

Filed under: — djito @ 6:16 AM 業界情報

ホクレン家畜市場7月

ホクレン家畜市場・初妊牛相場の7月集計(速報)がホクレン酪農部家畜販売課より発表された。

7月については、都府県では本格的な暑熱期となり、導入需要が一段落する時期ではあるが、一部秋分娩に対する需要が見られ、平均価格は77万3000円(前月比3万6000円高・前年比15万5000円安)と値を上げて推移した。

8月については、秋分娩の導入需要は見込まれるが、出回り頭数の増加も予想されることから、相場は保ち合いで推移することが予測される。

さらに一段値を下げ73.7万円 ホクレン家畜市場 6月の初妊牛相場

2019 年 6 月 27 日

Filed under: — djito @ 8:55 AM 業界情報

2019-06-27

ホクレン家畜市場・初妊牛相場の6月集計(速報)がホクレン酪農部家畜販売課より発表された。

6月については、夏分娩中心の出回りから、暑熱事故への警戒感により導入需要が減退し、平均価格は73万7000円(前月比6万9000円安・前年比18万5000円安)と一段価格を下げて推移した。

7月については、通常の回転需要を中心とした一定量の需要は見込まれるが、本格的な暑熱期に入り都府県を中心に導入意欲がさらに弱まる時期となり、相場は弱含みで推移することが予測される。

一段値を下げ80.6万円 ホクレン家畜市場 5月の初妊牛相場

2019 年 5 月 30 日

Filed under: — djito @ 1:18 PM 業界情報

2019-05-30 (3)

ホクレン家畜市場・初妊牛相場の5月集計(速報)がホクレン酪農部家畜販売課より発表された。

5月については、出回りの中心が夏分娩となったことから、暑熱事故への警戒感から、平均価格は80万6000円(前月比10万7000円安・前年比12万円安)と一段価格を下げて推移した。

6月については、通常の回転需要を中心とした一定量の需要は見込まれるが、引き続き出回りの中心は夏分娩であり、暑熱事故への警戒感から相場は弱含みで推移することが予想される。

弱含みで91.3万円 ホクレン家畜市場 4月の初妊牛相場

2019 年 4 月 25 日

Filed under: — djito @ 9:46 PM 業界情報

2019-04-25

ホクレン家畜市場・初妊牛相場の4月集計(速報)がホクレン酪農部家畜販売課より発表された。

4月については、春分娩の手当需要が継続するなか、出回りの一部が夏分娩となったことから、価格は91万3000円(前月比1万円安・前年比6万9000円安)と弱含みで推移した。

5月については、夏分娩中心の出回りとなり、都府県では暑熱事故を警戒する時期となるが、春分娩資源の最終手当需要ならびに通常の更新需要が見込まれることから、相場は保ち合いで推移することが予想される。

強保ち合いで92.3万円 ホクレン家畜市場 3月の初妊牛相場

2019 年 3 月 28 日

Filed under: — djito @ 4:04 PM 業界情報

2019-03-28

ホクレン家畜市場・初妊牛相場の3月集計(速報)がホクレン酪農部家畜販売課より発表された。

3月については、春分娩資源の手当需要が継続するなか、初妊牛価格の高値推移による導入への警戒感も見られ、価格は92万3000円(前月比2万8000円安・前年比2万7000円安)と強保ち合いで推移した。

4月については、引き続き春産み需要の継続が見込まれることから、相場は保ち合いで推移することが予想される。

強保ち合いで95.1万円 ホクレン家畜市場 2月の初妊牛相場

2019 年 3 月 1 日

Filed under: — djito @ 6:16 AM 業界情報

2019-02-28

ホクレン家畜市場・初妊牛相場の2月集計(速報)がホクレン酪農部家畜販売課より発表された。

2月については、都府県を中心に春分娩資源の手当需要が活発化し、価格は95万1000円(前月比6000円高・前年比5万8000円安)と強保ち合いで推移した。

3月については、引き続き春産み需要の継続が見込まれることから、相場は保ち合いで推移することが予想される。

さらに一段上げの94.5万円 ホクレン家畜市場 1月の初妊牛相場

2019 年 1 月 30 日

Filed under: — djito @ 6:16 AM 業界情報

2019-01-29

ホクレン家畜市場・初妊牛相場の1月集計(速報)がホクレン酪農部家畜販売課より発表された。

1月については、出回りの中心が春分娩となり、全国的に需要が活発化したことから、価格は94万5000円(前月比6万2000円高・前年比5万3000円高)と一段値を上げて推移した。

2月については、引き続き出回りの中心が春分娩となり、通常の更新需要に加え春産み需要の継続が見込まれることから、相場は保ち合いで推移することが予想される。

一段上げて88.3万円 ホクレン初妊牛相場 12月平均

2018 年 12 月 27 日

Filed under: — djito @ 9:41 AM 業界情報

2018-12-27

ホクレン家畜市場・初妊牛相場の12月集計(速報)がホクレン酪農部家畜販売課より発表された。

12月については、初妊牛の出回り頭数は増加したが、上場の一部が春分娩となり全国的に需要が活発化したことから、価格は88万3000円(前月比3万円高・前年比5万9000円高)と一段値を上げて推移した。

1月については、上場の中心が春分娩となり需要が活発化する時期となるが、出回り頭数は回復傾向にありバランスの取れた需給動向が予想されることから、相場は横ばいでの推移が見込まれる。

一段下げて85.3万円 ホクレン初妊牛相場 11月平均

2018 年 12 月 1 日

Filed under: — djito @ 6:16 AM 業界情報

ホクレン家畜市場グラフ11

ホクレン家畜市場・初妊牛相場の11月集計(速報)がホクレン酪農部家畜販売課より発表された。

11月については、下牧により出回り頭数が増加し、ひっ迫感が緩和したため、価格は85万3000円(前月比4万9000円安・前年比2万1000円高)と一段値を下げて推移した。

12月については、出回り頭数は現状程度が予測され、更新需要を中心とした一定量の需要の確保が見込まれることから、相場は保ち合いで推移することが予測される。

第2四半期は増収減益――雪印メグミルク

2018 年 11 月 8 日

Filed under: — Yayoi Uruno @ 3:59 PM ニュース,業界情報

雪印メグミルク(株)は11月8日、都内で2019年3月期第2四半期決算説明会を開催した。同期の連結売上高は3053億円(前期比100.6%)、連結営業利益95億円(同86.6%)と増収減益だった。通期の連結業績予測は6050億円(同101.5%)、営業利益は190億円(同98.1%)で増収減益を見込む。
営業利益の増減を見ると、販売単価差がプラス15億円、製品構成差がプラス5億円に対し、固定経費の増加がマイナス10億円、オペレーションコストの増加がマイナス9億円、販売物量減少による利益減がマイナス7億円、原材料コストの増加がマイナス6億円などが響き、約15億円の減益となった。
チーズ、バター、粉乳等が含まれる乳製品セグメントでは、売上高が1174億円(前期比99.7%)だった。営業利益はプロダクトミックスの改善および価格改定・容量変更の実施に伴う販売単価差が増益要因としてあったものの、乳価改定などの影響による原料コストの増加や固定経費の増加に加えて9月に発生した北海道胆振東部地震の影響もあり減益となった。
牛乳類・ヨーグルトなどが含まれる飲料・デザート類セグメントでは、売上高が1452億円(同100.9%)だった。営業利益は、機能性ヨーグルトの販売が拡大したものの、積極的なプロモーション活動に伴い宣伝促進費が増加したこと、オペレーションコストや減価償却費が増加したことなどから大幅な減益となった。

次ページへ »

Copyright (C) 2005 Dairy Japan Corporation. All Rights Reserved.