【ホクレン初妊牛相場 4月平均】強保ち合いで93.9万円

2017 年 4 月 25 日

Filed under: — djito @ 1:12 PM 業界情報

相場04

ホクレン家畜市場の「初妊牛相場」4月集計(速報)が、ホクレン酪農部・家畜販売課より発表された。

4月については、春分娩の最終手当需要から活発な取引が見込まれたが、初妊牛導入に対する高値警戒感もあり、平均価格93万9000円(先月比5000円高・前年比19万5000円高)と、強保ち合いでの推移となった。

5月については、出回りの中心が夏分娩となるが、通常の回転需要を中心とした一定量の需要が見込まれることから、保ち合いで推移することが予想される。

【初妊牛相場】再び強含みで93.4万円――3月の初妊牛相場

2017 年 4 月 1 日

Filed under: — djito @ 7:09 AM 業界情報

相場03

ホクレン家畜市場の初妊牛相場3月集計分(速報)が、ホクレン酪農部・家畜販売課より発表された。

3月については、前月に引き続き春産み中心の出回りであり、都府県を中心に導入需要が活発化したことから、平均価格93万4000円(先月比3万8000円高・前年比17万9000円高)と強含みでの推移となった。

4月については、一部夏産みが出回り始め、導入を控える動きも見られる時期となるが、通常の回転需要に加え、春産みの最終手当て需要が見込まれることから、強持ち合いで推移することが予想される。

【初妊牛相場】様子見もあり89.6万円――2月の初妊牛相場

2017 年 2 月 28 日

Filed under: — djito @ 1:51 PM 業界情報

相場02

ホクレン家畜市場の初妊牛相場2月集計分(速報)が、ホクレン酪農部・家畜販売課より発表された。

2月については、春産み中心の出回りとなり、全国的に需要が活発化する時期となるが、初妊牛の高値推移から導入への様子見感が見られ、平均価格89万6000円(先月比3万6000円安・前年比16万7000円高)と一段値を下げて推移した。

3月については、春産み需要は終盤を迎える時期となり、最終の手当需要が見込まれることから、相場は保ち合いから強含みで推移することが予想される。

【初妊牛相場】弱含みとはいえ93万円超—-1月のホクレン家畜市場

2017 年 1 月 31 日

Filed under: — djito @ 8:34 AM 業界情報

相場01

ホクレン家畜市場の初妊牛相場1月集計分(速報)が、ホクレン酪農部・家畜販売課より発表された。

1月については、春産み中心の出回りとなり、全国的に需要が活発化する時期となるが、初妊牛導入に対する高値警戒感から、平均価格93万2000円(先月比1万8000円安・前年比21万7000円高)とやや弱含んで推移した。

2月については、引き続き出回りの中心が春産みであり、更新などを含めた一定量の需要が見込まれることから、相場は強保ち合いで推移することが予想される。

【初妊牛相場】さらに一段高で95万円—-12月のホクレン家畜市場

2016 年 12 月 26 日

Filed under: — djito @ 12:09 PM 業界情報

相場12

ホクレン家畜市場の初妊牛相場12月集計分(速報)が、ホクレン酪農部・家畜販売課より発表された。

12月については、出回り資源が前年よりも減少するなか、上場の一部が春産みとなり、全国的に需要が活発化したことから、平均価格95万円(先月比10万4000円高・前年比28万9000円高)と一段高での推移となった。

1月については、出回り資源は減少傾向にあり、春産み需要の継続が見込まれるが、価格高騰に対する警戒感から一部導入見送りの動きも予想されるため、相場は強保ち合いでの推移が予測される。

【初妊牛相場】さらに値を上げ84.6万円—-11月のホクレン家畜市場

2016 年 12 月 1 日

Filed under: — djito @ 9:43 AM 業界情報

相場11

ホクレン家畜市場の初妊牛相場11月集計分(速報)が、ホクレン酪農部・家畜販売課より発表された。

11月については、出回り頭数が前年よりも少ないなか、通常の更新手当を中心とした需要が確保されたことから、平均価格84万6000円(先月比3万5000円高・前年比24万3000円高)と価格を上げて推移した。

12月については、上場の一部が春産みとなり、全国的に導入需要が強まることが予測されるものの、相場の値上がりに対する警戒感も想定されることから、相場は強保ち合いで推移することが予想される。

【初妊牛相場】とうとう月平均で80万円超―ホクレン家畜市場

2016 年 10 月 31 日

Filed under: — djito @ 10:09 AM 業界情報

相場10

ホクレン家畜市場の初妊牛相場10月集計分(速報)が、ホクレン酪農部・家畜販売課より発表された。

10月については、例年よりも上場頭数が少ないなか、全国的に年明けの搾乳資源確保に向けた導入需要が強まったことから、平均価格は81万1000円(先月比5万8000円高・前年比21万円高)と一段高での推移となった。

11月については、出回り頭数は現状程度が見込まれるが、活発な取引の継続が予測されるため、相場は強保ち合いで推移することが予想される。

【初妊牛相場】またまた強含みの75.3万円―ホクレン家畜市場

2016 年 10 月 3 日

Filed under: — djito @ 12:48 PM 業界情報

相場09

ホクレン家畜市場の初妊牛相場9月集計分(速報)が、ホクレン酪農部・家畜販売課より発表された。

9月については、暑熱期を脱し、都府県を中心に導入需要が強まったことに加え、事故などの代替需要もあったことから、平均価格は75万3000円(先月比2万1000円高・前年比14万8000円高)と強含みでの推移となった。

10月については、急激な初妊牛の出回り資源の増加は見込みにくく、都府県を中心とした導入需要は継続されることから、強保ち合いでの取引が予測される。

【初妊牛相場】一段高の73.2万円―ホクレン家畜市場

2016 年 8 月 30 日

Filed under: — djito @ 5:50 PM 業界情報

相場08

ホクレン家畜市場の初妊牛相場8月集計分(速報)が、ホクレン酪農部・家畜販売課より発表された。

8月については、出回りが秋分娩中心の市場で、増頭需要と通常の更新需要が重なり、道内・都府県ともに導入意欲が活発になったことから、平均価格は73万2000円(先月比3万5000円高・前年比14万6000円高)と一段高の結果となった。

9月については、都府県では暑熱期を脱し、更新需要を含めた一定量の需要が見込まれることから、保ち合いから強含みでの取引が予測される。

SACフルライン搾乳装置の販売契約を締結:(株)本多製作所

2016 年 8 月 9 日

Filed under: — Yayoi Uruno @ 2:00 PM ニュース,業界情報

(株)本多製作所は8月4日、日本国内におけるA/S S,A,CHRISTENSEN &CO(以下、SAC)フルライン搾乳装置の販売契約を締結した。SACブランドは1970年から日本市場に進出しており、酪農家および酪農業界においてはすでに馴染みのあるブランドである。
(株)本多製作所は、「SACは世界における革命的なフルライン酪農機器メーカーの1社であり、そこで生産される搾乳機器は優れた技術者、酪農家、コンサルタント、そして獣医師とともに研究開発され、世界の生乳生産に対して多大な価値を付与している。SACにおける搾乳機器の先端技術開発は、60年以上の経験が基礎となっている」としている。
また同社は「今後、この先端技術を取り入れたSACフルラインを日本中の販売ネットワークに載せて普及させるにあたり、長期的視野に立って販売およびサービス体制を確立し、酪農家の皆さまに安心して使用していただけることを目指す」としている。

【問い合わせ】
(株)本多製作所
石川県金沢市湊3-22
TEL 076-238-5911 FAX 076-238-9063
HP:http://www.hondass.com/
DSCN3499

次ページへ »

Copyright (C) 2005 Dairy Japan Corporation. All Rights Reserved.