おすすめ書籍

ここはハズせない乳牛栄養学ー粗飼料の科学ー2

著者:大場 真人(カナダ アルバータ大学農学部 乳牛栄養学・教授)
B5判・164頁 定価(3,200円+税)

大場教授(カナダ・アルバータ大学)の『ここハズ』シリーズ第2弾!

どうして乳牛には粗飼料を食べさせるのでしょうか?
それをハッキリと認識することが、乳牛の栄養管理の基本になります。
粗飼料に求めるもの(=質)は、それぞれの酪農家の経営環境で異なり、柔軟な考え方が求められます。
「粗飼料の質の基礎知識」「多様な粗飼料の基礎知識」「粗飼料を使いこなすための基礎知識」の3部構成で解説します

【新刊】お気酪獣医 クスリの処方箋

 

本誌連載でお馴染みの島本獣医師の“マンガ学習”が一冊の本になりました!
農場作業マニュアルの作り方と利用の仕方、アニマルウェルフェアの基本、現場でできるダウナー牛の看護療法、農場の安全対策の在り方、子牛の事故低減のための管理方法、抗生剤の基礎知識、牛への鍼灸、初乳管理の基本など、現場で役立つ管理技術がマンガで楽しく学べます。
描き下ろし漫画「マンガでわかる初乳管理」を収録。

【最新刊】Dairy PROFESSIONAL Vol.18

B5判/102頁
定価3619円+税

酪農経営には、人的リスク(作業事故・労務管理など)、乳牛の事故(分娩事故など)、悪性伝染病、生産工程管理、バイオセキュリティをはじめ、さまざまなリスクが存在します。これら多くのリスクのなかから、【農作業事故】【労務管理】【乳牛事故】【生産工程管理】【伝染病】【バイオセキュリティ】に焦点を当て、そのリスクとリスクマネジメントについて考察します。