予約受付中:濡れ子を温風で乾かす「ポリドーム」―デーリィ商事

2016 年 7 月 26 日

Filed under: — djito @ 8:00 AM キャンペーン

株式会社デーリィ商事は、生後間もない子牛を温風で温めるドーム型のハッチ「ポリドーム(ヒーター付)」を好評につき予約受付中。
同商品は、濡れてる子牛を1~2時間程度で乾かすことができる。
また、寒さで衰弱した子牛の蘇生にも利用できる。
【問い合わせ】
株式会社デーリィ商事
札幌市南区澄川3条4丁目
TEL 011-823-6350 FAX 011-811-1618
http://www.dairy-shoji.com

ポリドーム

導入応援キャンペーン:デスクトップPCをプレゼント―コーンズ・エージー

2016 年 7 月 25 日

Filed under: — djito @ 8:00 AM キャンペーン

足首タグで牛の活動量と横臥状況(横臥時間・回数)を計測して発情や分娩、健康状態を把握する「アフィミルク飼養管理システム」を好評販売中の株式会社コーンズ・エージー
同社は、同システムの「タグ50個以上、アンテナ、管理用PCソフトウエア一式」新規導入でデスクトップPCをプレゼントする「導入応援キャンペーン」を展開している。
同キャンペーン期間は本年12月末まで。
同システムは専用端末不要で、PC、タブレット、スマートフォンでリアルタイムに確認でき、発情や分娩を検知するとメールが送信される。
乳牛・育成牛・肉牛に対応し、アフィミルク製の搾乳機器と連動も可能。
【問い合わせ先】
株式会社コーンズ・エージー
北海道恵庭市北柏木町3丁目104番地1
TEL 0123-32-1452
http://www.cornesag.com

「WEBリニューアル記念プレゼントキャンペーン」実施中 コーンズ・エージー

2016 年 1 月 19 日

Filed under: — djito @ 6:16 AM キャンペーン

コーンズ・エージーは、WEBサイトのリニューアルを記念して、
プレゼントキャンペーンを実施している。
抽選で、ドイツファールやフェラーリのグッズ、搾乳ロボットのガイドブックなどが当たる。
応募は以下のサイトへ。
http://www.cornesag.com/news/201601/001223.html
応募締切は1月31日

イービーフOLの販売促進:(株)イーアニマル

2014 年 1 月 22 日

Filed under: — Yayoi Uruno @ 5:00 PM キャンペーン

e-beef

e-beef1

(株)イーアニマルは、同社の製品である「イービーフOL」の商品発送時に帽子を添付することになった。「イービーフOL」の利用者から「肺炎と下痢が減っている」等の評価があり、これは、さらなる販売促進の一助としての取り組みである。なお、同じ仔牛用製品の「イーカーフS」も対象となる。

製品名:イービーフOL(液体単体飼料)

成分:乳清分離液、添加物として着香料

内容量:450cc

使用方法:新生仔牛1頭当たり0.1ccをミルクに添加する。3週間連続投与。

      素牛導入時に1頭1ccを7日間投与。

※仔牛10頭分のミルクの調整でイービーフを1cc添加する。e-beef2

ワンプッシュ1ccのポンプとボトルを準備している(無償)。

(株)イーアニマル 岐阜県山県市藤倉527

Tel.:0581-36-2358 Fax:0581-36-2359

北海道100%チーズフェスティバルキャンペーンを実施:雪印メグミルク

2013 年 10 月 3 日

Filed under: — AsanoHiroko @ 4:32 PM キャンペーン,ニュース

北海道100%チーズフェスティバルキャンペーン

雪印メグミルク(株)は、11月1日より「雪印北海道100 北海道100%チーズフェスティバルキャンペーン」を実施する。
本キャンペーンは、「雪印北海道100」シリーズのキャンペーン第6弾となる。

実施期間:平成25年11月1日から平成26年2月20日まで
詳細はキャンペーンサイトをご覧下さい。

【キャンペーンサイト】http://hokkaido100.jp/

栃酪乳業がWFP「未来へ結ぶ」キャンペーンを開始:6月は牛乳月間

2012 年 6 月 19 日

Filed under: — admin @ 10:26 AM キャンペーン,ニュース

栃木県宇都宮市に本社のある栃酪乳業は、6月15日から7月15日まで、「未来へ結ぶ」キャンペーンを行なっている。

これは、昭和32年から学校給食牛乳とかかわってきた同社が、WFP(国連世界食糧計画)の学校給食プログラムを支援することで、世界の子供たちが健全に成長することに協力するもの。

インターネットにある同社ホームページのキャンペーンに、
1 「いいね!」をクリックすると1給食
2 応援コメントを書いていただくと1給食
3 同社商品と一緒に写っている笑顔の写真をメールすると1給食

の3つの応募方法があり、上記1点につき一日1給食相当30円が、同社からWFP「学校給食プログラム」に寄付される。
酪農乳業界だけでなく、世界の食料問題まで視野を広げた取り組みだ。

栃酪乳業は、250余名の酪農家組合員を擁する栃木県酪農業協同組合を母体とし、牛乳、乳飲料を製造し販売している。県内全域の約1万3000頭の乳牛から搾られた、新鮮で安全な生乳で商品がつくられている。(文責:関東支局)

*WFPホームページ  http://www.wfp.or/jp
*栃酪乳業ホームページ http://tochiraku.jp/sp/campaign/cp1205a

風評被害を吹き飛ばせ:東京で「栃木県農畜産物フェア」開く

2011 年 4 月 23 日

Filed under: — admin @ 4:03 PM キャンペーン

4月23日(金)、24日(土)の2日間、
東京・池袋サンシャインビル内で、
「がんばろう日本! とちぎの観光と農産物フェア」が開かれた。

これは、隣接県での放射線物質漏洩の影響で、
同県の農産物も風評被害を受け、また
温泉旅館など観光地も予約キャンセルが続く状況を打破するため。

牛乳は、酪農とちぎ農協と栃木県酪農協の
2酪農協が合計600本(1リットルパック)を試飲・販売。
イチゴや野菜などの農産物も展示販売。

会場では抽選会も行なわれ、特等は和牛(A5)2本。
高久勝・同町長は「那須町では放射線物質を毎日、測定しており、
草地の土壌も、規制値の7分の1程度だから、
収穫・作付けできる。今後、牛の体内での蓄積や分析等を行なう予定」
などと語った。(文責:DJ関東)

ミルクツアーニッポン2011、盛況に開かれる

2011 年 1 月 26 日

Filed under: — admin @ 4:21 PM キャンペーン

1月26日(水)、東京・池袋サンシャインビルを会場に、
ミルクツアーニッポン2011(主催:全国農協乳業協会)が開かれた。
全国から、56の事業者、12の酪農家の手作り乳製品が展示され、
各ブースで、試飲・試食や商談などが行なわれた。

今回のテーマは「地域のこだわり牛乳・乳製品」。
全国の優れた牛乳・乳製品を展示し、メディアや流通業者らに披露し、
更なる消費を喚起しようという趣旨。

同時に「商品価値で納得させる、感動を与える売り場とは」を
テーマに特別講演が行なわれた。

ある出展者は「海外からの問い合わせもあり、これを契機に
海外への販売ルートを探りたい」と述べるなど、
終日、多数の来場者でにぎわった。

この催しは、2月10日(本)には大阪(中央区:マーチャンダイズ・マート
展示ホールC)でも開催される。(文責:DJ関東)

若手酪農家が「おれたちの牛乳」を販売

2010 年 11 月 6 日

Filed under: — admin @ 6:14 PM キャンペーン

11月6日(土)、神奈川県平塚市で、地場産農産物を即売する団体
LOHAS(ロハス:Love Oiso Hirastuka Agriculture Style)が、
花卉・野菜・牛乳を展示即売した。
これは、地元にがんばっている農家がいることをアピールしたいと、
今年で2回目の開催となったもの。

牛乳は、平塚や大磯の20代、30代中心の酪農家たちの「角笛会」が、
「おれたちの牛乳」(メグミルク)と堆肥を出展。

同牛乳は、県内の酪農家の原料乳を使った「顔の見える牛乳」。
県内では農産物直売所などで、同牛乳を使ったアイスも販売。

試飲では「さらりとして美味しい」、「子供はこの牛乳が好き」などの
声も聞かれ、好評だった。

この催しは7日(日)も行われる。「ロハス」の詳細は下記へ。
http://h-agristyle.at.webry.info/

MILK JAPAN LAND 2010、各地で開かれる

2010 年 10 月 10 日

Filed under: — admin @ 4:50 PM キャンペーン

10月10日(日)、東京・有楽町駅前を会場に、「MILK JAPAN」活動が
キックオフされた(主催:中央酪農会議、関東生乳販売連合会)。

これは、「牛乳に相談だ。」の後継戦略として、今年10月から3年計画で
新しい牛乳消費喚起として始められた消費拡大活動のスタート。
「MILK JAPAN」のスローガンは、「牛乳が日本を元気にする」。

大会宣言で、酪農家を代表して人見みゑ子さん(栃木県)は
「この活動を通じて、未来を担う子供たちの世代にしっかりと
牛乳飲用が定着し、促進していくことを期待している」と述べ、
参加酪農家や関係者らは牛乳で乾杯した。

MILK JAPAN LAND 2010は、「ミルクライブ」「料理ショー」「料理試食」
「酪農トーク」「クイズラリー」など多彩で、家族づれで賑わった。

東京だけでなく、全国合計8ヶ所でも開かれたほか(予定含む)、
全国250ヶ所の牧場でオープンファームデイも、3日間、開催される。

次ページへ »

Copyright (C) 2005 Dairy Japan Corporation. All Rights Reserved.