十勝は平均乳量1万kg超え、全道平均は9502kg

2017 年 2 月 28 日

Filed under: — djito @ 11:47 AM 未分類

北海道酪農検定検査協会は2月28日、平成28年1~12月の年間検定成績(経産牛1頭当たり平均)を公表した。
全道の検定農家戸数は4256戸、平均実頭数は79.1頭で、平均乳量は9502kg(前年比196kg増)、乳脂率は3.94%、蛋白率は3.34%、無脂固形は8.79%、体細胞数は21.3万、リニアスコアは2.6、分娩間隔は426日(前年比2日短縮)だった。

地区別では十勝が、検定農家戸数960戸、平均実頭数101.7頭で、平均乳量1万168kg(前年比216kg)と初の1万kg超えとなった。

乳量階層別戸数は、1万1000kg以上が400戸(構成比率9.4%、前年288戸)で112戸増、1万kg代が840戸(同19.7%、781戸)、9000kg代が1099戸(同25.8%、1123戸)、8000kg代が961kg(同22.6%、1028戸)、7000kg代が608戸(同14.3%、700戸)、6000kg代が264kg(同6.2%、321戸)、6000kg未満が84戸(2.0%、92戸)だった。

Solbiosur社を取得:オルテック社

2016 年 12 月 27 日

Filed under: — Yayoi Uruno @ 9:30 AM ニュース,未分類

動物の健康と栄養ソリューションを提供するグローバル企業のオルテック社は、このたび農業・園芸作物ソリューションサービスを専門に扱うSolbiosur社(スペイン)を買収した。Solbiosur社は、生産量および効率性の向上を目指した、生産者のための革新的な農業・園芸ソリューションサービスを提供する企業として、スペイン国内で高い評価を得ている。Solbiosur社は10年以上にわたり、生産者にとって費用対効果が高い、環境に配慮した農業・園芸ソリューションの製造販売を行なってきた。このたび、Solbiosur社がオルテックグループ会社に加わることにより、ヨーロッパの農業・園芸生産者は高品質の栄養ソリューション及び効率性に優れたソリューションを手に入れることが可能になる。

今日はチーズの日

2016 年 11 月 11 日

Filed under: — Yayoi Uruno @ 6:40 PM 未分類

image
チーズ普及協議会ならびに日本輸入チーズ普及協会は、11月11~12日、都内で「チーズフェスタ2016」を開催している。チーズフェスタとは11月11日の「チーズの日」に開催され、国産および輸入チーズを紹介するチーズの祭典。チーズの普及と消費拡大を目的としており、今年で25回目となる。会場には多くの一般来場者が訪れ、オランダ、イタリア、フランスなど、19カ国から集まったたくさんのチーズを楽しむことができる。

会場では各国のチーズの試食、販売が行なわれ、メインステージでは国内外の各乳業メーカーより、チーズを使用したレシピの紹介、各国のチーズの紹介など、さまざまなイベントが開催される。

雪印こどもの国牧場で恒例の牧場まつり開催

2016 年 11 月 5 日

Filed under: — Ryoichi Maeda @ 2:05 PM 未分類

11月5日(土)横浜市青葉区・雪印こどもの国牧場で、毎年恒例の「牧場まつり」が開催された。この日は天候にも恵まれ行楽には最適な秋日和となった。今回の牧場まつりでは、人気の乳搾り体験、バターづくり体験の他にもひつじレース、早搾り競争、ゲームコーナーなど参加型のイベントが盛りだくさん用意され、家族連れの来場者も大いに楽しんでいた。また恒例のサンプリングイベントでは恵ガセリ菌SP株ヨーグルトドリンクタイプが配布され、会場内の家族連れが一堂に押し寄せ大盛況であった。

image1image2image3

最優秀賞に芹川恵介さんと芳賀ひとみさん:全国酪農青年女性酪農発表大会

2016 年 7 月 15 日

Filed under: — Yayoi Uruno @ 1:00 PM ニュース,発表会,未分類

全国酪農青年女性会議および全酪連は7月14~15日、名古屋市内で第45回全国酪農青年女性酪農発表大会を開催した。
酪農経営の部では「酪農の魅力『ゆとり』を作り出す酪農経営」を発表した熊本県の芹川恵介さんが最優秀賞に選ばれた。芹川さんは、作業と経営の効率化の両立を目標に、さまざまな先進技術を導入し活用するなどして、家族経営に大きなゆとりを生み出していると評価された。
また、搾乳ロボットをいち早く自らの基本技術として習得し、省力的な規模拡大を実現している、「この時間も牛たちは搾乳されています」を発表した愛知県の森富士樹さんに対して、審査員特別賞が授与された。
酪農意見・体験発表の部では、自家の経営を周囲の助けを借りながら客観的理論的に分析し、自分の経営をしつつあるところなどが評価され、「ひとみ25歳で経営主になる」を発表した北海道の芳賀ひとみさんが最優秀賞に選ばれた。

飼料プレミックス事業に関わる全事業所にてISO22000認証を取得:日本ニュートリション(株)

2016 年 4 月 11 日

Filed under: — Yayoi Uruno @ 2:00 PM ニュース,未分類

日本ニュートリション(株)は3月28日、昨年の鹿島工場に続き、平成28年3月18日付けで飼料用プレミックス事業に関わる全事業所にて「ISO22000(食品安全マネジメントシステム)の認証を取得した」と発表した。
ISO22000は、フードチェーンのあらゆる組織を対象としており、食品安全衛生を認証する世界で最初の世界標準規格のこと。
同社は「今回、ISO22000を飼料用プレミックス事業に関わる全事業所に導入することにより、さらなる安全・安心を求め、提供するすべての飼料・飼料添加物を通じて畜産物の食品安全に寄与していく」と発表した。

雪印こどもの国牧場「牧場まつり」開催

2015 年 10 月 31 日

Filed under: — Ryoichi Maeda @ 4:23 PM 未分類

10月31日(土)横浜市青葉区の「雪印こどもの国牧場」で、毎年恒例の「牧場まつり」が開催された。今回も乳搾り体験、バターづくり体験、ひつじレースなど数々のイベントが用意され、家族連れが大勢来場し、相変わらずの賑わいぶりであった。イベントの他にもゲームコーナーやエサやりなどでキッズたちもおおいに楽しんでいた。またこの日はガセリ菌SPヨーグルトドリンクの試飲もあり人気を集めていた。image1

image2

「かながわミルクフェスティバル2015」がみなとみらいで開催

2015 年 10 月 3 日

Filed under: — Ryoichi Maeda @ 7:35 PM 未分類

DSC02664DSC02651
DSC02663

10月3日(土)、横浜みなとみらいの日本丸メモリアルパークアリーナにて「かながわミルクフェスティバル2015」が開催された。本イベントは神奈川県の酪農と乳業を、一般の消費者にもっと知ってもらうことを目的とした牛乳消費拡大イベントで、今回初めて神奈川県の酪農家、乳業メーカー、関連団体そして神奈川県が協力して開催されたもので、多数の来場者で賑わった。か会場では神奈川県産牛乳の試飲、模擬搾乳体験、牛乳パーク工作教室、ゲームコーナー、無料骨密度測定など、盛りだくさんのコーナーが設けられた。来場者はみなとみらいのシンボルである日本丸をバックに牛との記念写真も撮れて大いに楽しんでいた。また今回は酪農家の日々の作業や出来事を写真に収めて、独自で展示会を行っている伊勢原市の酪農家・鍛代明子さんによる写真展のコーナーも設けられ、来場者の興味を引き、鍛代さんが質問に対して説明する場面もあった。

グランド・チャンピオン牛は大久保牧場(清水町):北海道B&Wショウ

2015 年 5 月 24 日

Filed under: — djito @ 3:26 PM 共進会,未分類

全道BW1

全道BW2

「2015年 北海道ブラック アンド ホワイト ショウ」(北海道ホルスタイン改良協議会主催)が5月23・24日、安平町早来の共進会場で開催された。
全道からホルスタイン種500頭、ジャージー種33頭がエントリーし、乳牛の資質を競い合った。
審査員は岩見沢市・瀬能牧場の瀬能剛氏。

グランド・チャンピオンに輝いたのは、十勝管内清水町の大久保大輔氏出品、5歳クラス1位でシニア・チャンピオンのOK アドベント ライオネル(父:KHW カイト アドベント RED ET)。
審査員の瀬能氏は、「多産を経ても崩れない、すばらしい乳房である」と絶賛した。

リザーブ・グランド・チャンピオンは、十勝管内清水町の(有)田中牧場出品、シニア3歳クラス1位でインターミディエイト・チャンピオンのTMF セプテナー チーズ アトウツド ライズ ET(父:メープルダウンズアイ GW アツトウツド ET)。

※写真:グランド・チャンピオン(右)とリザーブ・グランド・チャンピオン

肢蹄改善ニュースレター 根室生産連・根室農業改良普及センター

2015 年 2 月 20 日

Filed under: — djito @ 2:40 PM ニュース,未分類

肢蹄改善ニュースレター

根室生産連や根室農業改良普及センターなどでは「肢蹄改善ニュースレター」を作成し、根室管内の酪農家に配布している。
最近発刊された「肢蹄改善ニュースレター vol. 2」によると、肢蹄に問題を抱える乳牛の39%が蹄病であり、趾皮膚炎(DD)が66%、蹄底潰瘍が27%であったとの調査報告が示されている。
また、肢蹄のモニタリングに役立つ「蹄冠・飛節スコア」、蹄浴の方法、蹄底潰瘍対策とルーメンアシドーシスの関係なども、わかりやすく解説されている。
配布されているニュースレターはA4判・カラー4ページで、ラミネート加工されているので水に濡れても大丈夫。
PDF版は根室農業改良普及センターのホームページからダウンロードできる。

次ページへ »

Copyright (C) 2005 Dairy Japan Corporation. All Rights Reserved.