牛乳の商品名をリニューアル:雪印メグミルク(株)

2022 年 1 月 24 日

Filed under: — 前田真之介 @ 2:40 午後 未分類

【牛乳の商品名をリニューアル】

 

雪印メグミルク(株)は、2022年春季新商品発表会を映像配信形式で公開した。

2022年春季より、定番商品の「雪印メグミルク」の商品パッケージおよび商品名をリニューアルし、「おいしい雪印メグミルク牛乳」とした。新鮮な生乳のおいしさを守った牛乳という商品コンセプトから、直接的に訴える意味を込め商品名を変更した。

改良のポイントとして、1)生乳本来のおいしさを実現2)「おいしさW製法」により、光と熱による酸化から生乳を守ることを取り上げた。

そのほか、新たに230mlボトルパッケージを新発売し、白物小型ユーザー、現行容器に不満を持つユーザーに向け発表した。

新商品は3月29以降順次販売開始予定。

 

カーフジャケット写真投稿で賞品が当たる:(株)ワイピーテック

2022 年 1 月 6 日

Filed under: — 前田真之介 @ 1:39 午後 未分類

【カーフジャケット写真投稿で賞品が当たる:?ワイピーテック】

(株)ワイピーテックは、スーパーカーフジャケットの新発売に伴い「カフコレ2022」をInstagramにて開催している。同社のアカウントをフォローしスーパーカーフジャケットを着用した仔牛の写真をInstagramに投稿することでエントリーが可能。ベストフィット賞や最優秀賞などの選考が行なわれ、当選者には賞品をプレゼント。

詳しくは同社Instagramアカウントで確認が可能。

 

VR牧場見学を開催中:デラバル(株)

2021 年 12 月 6 日

Filed under: — 前田真之介 @ 2:22 午後 未分類

【VR牧場見学を開催中】デラバル(株)

 

デラバル(株)は、同社HPにてバーチャルリアリティ(VR)牧場見学を開催している。

サイトでは、同社の主力製品「搾乳ロボット VMSシリーズ」を実際に導入している全国の牧場を紹介しており、牧場主によるインタビュー動画や製品紹介などを見ることができる。さらに会員登録をすると、牛舎内部をVR映像にて見学することができる(VRゴーグルなどは不要)。

搾乳ロボット導入や、新たな搾乳方法を考える際に、牛舎レイアウトや製品の詳細情報などを参考にすることができる。実際に農場を見ているかのように牛の状況まで確認することができるため、酪農家だけでなく一般の方にも楽しんでもらえる内容となっている。

サイトの詳細はhttps://vrtoursjp.delaval.com/より確認ができる。

 

第72回日本酪農研究会を開催

2021 年 11 月 17 日

Filed under: — 前田真之介 @ 5:51 午後 未分類

日本酪農青年研究連盟は11月17日、第72回日本酪農研究会を開催した。昨年は新型コロナウイルスの影響で開催見送りであったが、今年は北海道札幌市にて実地開催された。

経営発表では、6名の酪農家が発表を行ない、村崎隆一さん(北海道・大樹町)が「自給飼料でゆとりある持続的な酪農を目指して」というテーマで発表し、最優秀賞である黒澤賞を受賞した。

 

岩田秀一さん(北海道・沙留)は優秀賞を受賞。発表テーマは「~”喜土愛酪”新たなる道」

天満達也さん(岩手県・久慈)は太田賞を受賞。発表テーマは「今を生きる」

 

 

分娩前後に関するセミナーを開催:ラレマンドバイオテック(株)

2021 年 11 月 1 日

Filed under: — 前田真之介 @ 10:02 午前 未分類

【分娩前後に関するセミナーを開催】ラレマンドバイオテック(株)

ラレマンドバイオテック(株)は、11月19日(金)にWebセミナーを開催予定。

セミナーテーマは「乳牛の分娩前後の変化と管理~生きた酵母の活用~」で、同社反芻動物技術マネージャーのピロン オーレリアン氏が講演を行なう。セミナーは日本語の翻訳がつき、参加費は無料。

 

【開催案内】

開催日時:2021年11月19日(金)14:00~16:00(入退室自由)、質疑応答あり

内容:乳牛の分娩前後の変化と管理 ~生きた酵母の活用~

講師:ピロン オーレリアン氏
司会:大熊 就明氏
通訳:柴田 眞木氏

参加費:無料 下記URLより申し込みが可能。

――以下同社よりセミナー開催に伴うメッセージ――

分娩前後は乳牛管理のカギとなるステージです。分娩前後の変化に関する最新知見と、生きた酵母「レブセルSC」を用いた乳牛の管理についてわかりやすくご紹介いたします。ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

―――――

参加URLは

https://lallemandanimalnutrition.com/ja/japan/%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88/

ウェブからの申し込みは、セミナー直前まで受け付け可能。

 

帯広畜産大学「生産獣医療技術研修」(WEBセミナー)募集

2021 年 10 月 25 日

Filed under: — djito @ 4:44 午後 未分類

帯広畜産大学 畜産フィールド科学センターは12月に、オンライン(Zoom)で「生産獣医療技術研修」を毎週1回×4回の日程で開催する。
●日程:12月1・8・15・22日。いずれも14:30~17:00
●募集人数:100名
●対象:獣医師および酪農関連団体職員の指導者(初心~中級クラス対象)
●研修内容:研修タイトル(講師は草場信之准教授)
12月1日「乳房炎の原因菌」、12月8日「泌乳生理と正しい搾乳」
12月15日「搾乳システムと乳房炎」、12月22日「乳房炎のコントロール」
●受講料:20,000円(教材費)
●申込期限:11月25日
●詳細、申込方法は以下へアクセスを。
https://www.obihiro.ac.jp/facility/fcasa/news/40955

新社長・新役員選任:(株)ワイピーテック

2021 年 10 月 4 日

Filed under: — 前田真之介 @ 1:05 午後 未分類

(株)ワイピーテックでは9月29日、臨時株主総会および取締役会にて役員の選任が行なわれた。田口耕児氏が代表取締役社長を退任し、新たにに中野衛氏が就任した。

そのほか新役員として、

常務取締役 水俣佳和氏
取締役相談役 飯島秀雄氏
取締役 大藪吉郁氏
取締役 野木達也氏(新任)
監査役 松柳英作氏

が就任した。

https://www.yptech.co.jp/

 

酪農を支える人材育成事業を開始:全酪アカデミー

2021 年 9 月 3 日

Filed under: — 前田真之介 @ 9:58 午前 未分類

全国酪農農業協同組合(全酪連)と全国酪農協会(全酪協)は、今年8月に「全酪アカデミー」を立ち上げ、未来の酪農家を育てる事業に乗り出した。

全国から賛助会員、研修受け入れ契約農場、研修生を募集し、農場での研修と経営面の座学などのカリキュラムを用意。3年間の研修を経たのち、同アカデミーが紹介する空き牛舎などの施設を活用し就農し、酪農家として独立できるようにサポートする。

研修生の募集は10月の31日まで行なっている。

詳細の問い合わせは

(一社)全酪アカデミー 事務局

03-5931-8070

オンラインシンポジウムを開催:ジンプロ

2021 年 8 月 23 日

Filed under: — 前田真之介 @ 7:57 午前 未分類

ジンプロアニマルニュートリション(ジャパン)インクは2021年9月1日~10月31日の間で「2021年国際微量ミネラル栄養学シンポジウム(ITMNS2021)」を開催する。2018年より微量ミネラル栄養学の最新知見を紹介してきた本イベントは、今年はオンラインで、2カ月に渡り開催される。

今年のテーマは「ジェネレーショナルニュートリション~子の健康と生産性に好影響を与える母体への栄養給与の重要性~」。

期間中は特設webページに録画動画が毎週6本配信され、期間中はアーカイブ視聴が可能(外国人講師の講演は日本語吹替、スライドも和訳)。

乳牛に関する講演タイトルは「ジェネレーショナルニューリション:母牛のミネラル給与は生まれてくる子牛へのミネラル給与でもある」(アダム・ガイガー博士、ジンプロコーポレーション)

参加費は無料で、詳細案内は下記リンクより。

 

 

ITMNS2021 詳細案内

 

 

酪農生産性向上セミナー2021を開催:出光興産/共立製薬

2021 年 7 月 22 日

Filed under: — 前田真之介 @ 9:13 午前 未分類

出光興産(株)、共立製薬(株)は2021年8月5日、共同でのオンラインセミナー「酪農生産性向上セミナー2021」を開催する。

昨年多数の参加者を集めた本イベントは、今年も同様にweb上での視聴となる。

―――――――詳細案内―――――――

酪農生産性向上セミナー2021

北海道内でご活躍されている村上先生より、秋口に向けた飼養管理のポイントを飼料および飼養環境の両面からご講演いただきます。是非お見逃しなく!

テーマ:ここは外せない、秋口に向けた飼養管理のポイント

講師:村上求 先生(ハードサポート株式会社)

日時:2021年8月5日20:00から21:30

参加費:無料

参加申込:添付チラシよりお申込みください。

セミナー詳細案内

次ページへ »

Copyright (C) 2005 Dairy Japan Corporation. All Rights Reserved.