優良登録委員/地区連登録担当者13名を表彰 北海道ホル農協

2019 年 2 月 27 日

Filed under: — djito @ 7:16 PM ニュース

優良登録員表彰式

北海道ホルスタイン農協および日本ホルスタイン登録協会北海道支局は2月27日、札幌市内で「第44回 優良登録委員表彰式/第8回地区連合会登録担当者表彰式」を開催した。
同農協および同協会支局は、北海道内で長年にわたり登録業務に精励し、地域の酪農振興、乳牛改良、登録事業の普及推進と指導に貢献している登録委員を毎年表彰している。

今年度の表彰者は以下の13名(敬称略)。
〈石狩〉山本康朗(NOSAIみなみ)
〈空知〉塩越直矢(NOSAI道央)
〈上川〉阿部直幸(上川生産連)
〈十勝〉長井勉(JA十勝池田町)
〈釧路〉小山内克尚(JA摩周湖)
〈釧路〉小澤裕司(NOSAI道東)
〈根室〉高橋剛(JA道東あさひ)
〈根室〉伊藤智幸(JA道東あさひ)
〈網走〉曽我部義幸(JAつべつ)
〈網走〉島田英雄(HSブリーディングサポート)
〈留萌〉武良雅史(NOSAI道央)
〈留萌〉池上誠(NOSAI道央)
〈地区連〉小竹秀樹(日高生産連)

搾乳ロボット入口前は“ハッピー・スペース”に 北酪検「検定情報活用研修会」

Filed under: — djito @ 6:49 PM セミナー報告

s-酪検協会講習会1

北海道酪農検定検査協会は2月27日、札幌市で「検定情報活用研修会」を開催した。全道の検定組合員や関係者など270名が参加した。
今年のテーマは「ロボット搾乳牛舎と牛群管理」。講師はカナダで牛群管理や牛舎設計、労働効率などのコンサルティングを手掛けるジャック・ローデンバーグ氏(DairyLogix社)。

第1部の「乳牛が快適で、管理しやすい搾乳牛舎のデザイン」では、牛舎設計の優先順序は、1 カウコンフォート、2 労働効率、3 コスト/価値、4 規模拡大可能性であることを前置きし、搾乳ロボット牛舎設計の知見を解説した。

フリー・トラフィック成功のカギは「搾乳ロボット入口前を楽しい広場(ハッピー・スペース)にすること」であり、搾乳ロボット入口前を「一方通行で逃げ場のないペン(コミットメント・ペン)」にすることは好ましくなく、ガイド・トラフィックでもできるだけコミットメント・ペンでの時間を短くして、行動の選択ができるようにすることが望ましいと述べた。

また、乳牛にとって魅力的な搾乳ストールであること、搾乳ロボット内では牛体に何も当たらないように調整すること、フェッチ・カウ(搾乳ロボットに誘導しなければない乳牛)のためのフェッチ・ペンの設計、初産牛を搾乳ロボットに馴致させる方法、産褥牛や足痛牛のためのペンの設計、蹄浴槽(フットバス)の場所、事務所の設計(搾乳ロボット前と飼槽がよく見える)などを詳しく解説した。

なお、北海道乳検は現在(1月末時点)、ロボット搾乳の検定農場は217戸(搾乳ロボット457台)で、増加を続けている。

オルテック ONE アイディア・フォーラム開催

2019 年 2 月 22 日

Filed under: — Yayoi Uruno @ 2:49 PM セミナー開催案内,セミナー開催告知,ニュース

オルテック・ジャパン合同会社は4月に都内でシンポジウムを開催する。

今回はオルテックインク社の新社長・CEOであるマーク・ライオンズ博士に加え、同社のバイス・プレジデントであり、反芻動物向け栄養ソリューションマネジメントグループの責任者であるマシュー・スミス氏が来日する。また東京大学大学院農学生命科学研究科の杉浦勝明教授と株式会社フリーデン相談役および一般財団法人日本GAP協会理事の澤田一彦氏が招かれ講演が行なわれる。

【開催概要】
日時:4月23日 14:00~18:00 
(その後懇親会を開催、20時ごろ終了の予定)

13:00 開場・受付開始
14:00 開会
14:00~14:10 オルテック・ジャパン合同会社代表、中山圭氏より挨拶
14:10~15:00 オルテックインク 社長、マーク・ライオンズ氏による講演
15:00~15:45 株式会社フリーデン相談役 / 一般財団法人日本GAP協会理事澤田一彦氏による講演
 休憩
16:00~16:45 東京大学大学院農学生命科学研究科教授 杉浦勝明氏による講演
16:45~17:30 オルテックインク バイス・プレジデント、 マシュー・スミス氏による講演
17:30~17:50 閉会の挨拶
18:00~20:00 懇親会

会場: 品川インターシティホール (〒108-0075東京都港区港南2丁目15-2) 
会費:懇親会まで無料

【申し込み方法】
申し込み書(近く配布開始)のFAXまたは電話 にて、オルテック ONE アイディア・フォーラム参加希望と明記のうえ、下記を伝える。
※連絡事項=社名・団体名、氏名、参加人数、参加者名、連絡先(電話またはメールアドレス)、懇親会参加の有無

【問い合わせ】
オルテック・ジャパン合同会社 担当:森田
TEL 092-718-2288 FAX 092-781-6355
e-mail:mmorita@alltech.com

下痢にSAYONARA(さよなら) 全酪連セミナー

2019 年 2 月 21 日

Filed under: — djito @ 6:29 PM セミナー報告

全酪連セミナー

全国酪農業協同組合連合会(全酪連)は2月18~21日、全国3会場(東京、熊本、札幌)で「全酪連セミナー2019」を開催した。
また22日は札幌市で技術者を対象とした「全酪連ワークショップ2019」を開催する。

今回のセミナーのテーマは「哺育管理と腸の健康~下痢に“SAYOARA”~」で、講師はカナダ・ゲルフ大学 動物バイオサイエンス学部 助教授のマイク・スティール博士。同博士は、近年の哺育子牛の栄養研究において目覚ましい研究成果を発表して注目されている新進気鋭の研究者。

「北米では、子牛の斃死率10%と50%以上の罹患率は下痢と関係していて、子牛の19%が移行免疫不全、24%が生後1カ月以内に下痢をしている、という統計がある。実際は、下痢はそれよりも多いと思われる」と同博士は前置きし、以下の5章に分けて、哺乳子牛の健康管理における最新知見を解説した。

第1章:初乳の給与
第2章:哺乳
第3章:離乳
第4章:下痢
第5章:自動哺乳

第1章では以下を要約とした。
●子牛の生物学と栄養学には、われわれがまだ理解していない、いくつかの基本的な概念がある。
●受動免疫において、カテーテルと哺乳ボトル給与の差はない。
●初乳の給与が生後6時間以降では、受動免疫と腸の細菌に影響を及ぼし得る。
●初乳のパスチャライズが正しく管理されれば、子牛の腸の健康度を改善するかもしれない。
●初乳から常乳への急激な移行は腸の発達を阻害し得る。
●生後早期における高水準哺乳は可能である。

※詳報はDairy Japan 4月号で

子牛を科学する 北海道しゃくなげ会

2019 年 2 月 15 日

Filed under: — djito @ 4:53 PM ニュース

s-北海道しゃくなげ会

北海道しゃくなげ会(事務局:ZENOAQ 日本全薬工業(株) 北海道営業所)は2月15日、札幌市で研修会を開催した。会員および関係者ら約260人が参加した。

研修会のテーマは「子牛を科学する」。北海道しゃくなげ会々長の更科進也氏は、「より臨床現場の実践に即した内容を科学的に研修することを目標とした」と企画趣旨を述べた。

加藤敏英氏(酪農学園大学 教授)が総合司会を務め、基調講演「栄養管理に対する子牛の生理的変化について」福森理加氏(酪農学園大学 講師)の後、以下6題の講演が行なわれた。

「牛の先天性門脈体循環シャント」内山大士氏(NOSAIオホーツク 佐呂間家畜診療所)

「牛コレステロール代謝異常症」鴇田直子氏(NOSAIオホーツク 遠軽家畜診療所)

「下痢症子牛の死亡率を高めるリスク因子の解析」塚野健志氏(NOSAIみなみ 南部家畜診療センター)

「一酪農場における哺育牛の下痢症低減に向けた調査と対策」安喰元気氏(NOSAI道央 留萌北部家畜診療所)

「飼養管理から見直す乳用子牛の疾病対策事例」茅先秀司氏(NOSAI道東 弟子屈家畜診療所)

「管内酪農場の網羅的哺乳立会によってわかった哺乳管理の落としどころ」牧野康太郎氏(NOSAI道央 美深家畜診療所)

最後にZENOAQコーナーとして、佐藤明彦氏(日本全薬工場 営業本部 学術部)が「メタカム2%注射液」を紹介した。

生乳の脂肪酸組成分析サービス開始:フィード・ワン(株)

2019 年 2 月 1 日

Filed under: — Yayoi Uruno @ 11:51 AM ニュース

フィード・ワン(株)は生乳の脂肪酸組成分析サービスを開始する。
従来、脂肪酸組成は、牛肉などで分析されてきたが生乳ではほとんど行なわれてこなかった。同社は米国より、生乳の脂肪酸組成分析と評価に関するノウハウを導入し、新たに分析サービスを行なうことで、酪農家により適切な飼料給与メニューの助言を行なっていきたいとしている。

◇サービス概要
(1)分析機関 :当社 研究所 品質管理室
(2)分析対象 :生乳(農場バルク乳)
(3)分析項目 :脂肪酸組成
(4)分析日数 :検体到着後7~10日
(5)分析金額 :1検体5,500円(税別、サンプル提出用容器代込)

◇生乳の脂肪酸組成分析~ルーメンの機能発揮のために~
乳脂肪は、牛の第一胃(ルーメン)微生物、飼料および体脂肪に由来するものから構成されている。これら各種脂肪酸の変化を分析し、ガイドラインに照らし合わせて評価することで、乳牛にとって大切であるとされているルーメンの健康状態あるいは給与メニューに含まれる脂肪分の種類・量が適正かどうかを的確に把握することが可能になる。

◇取組みの意義
当社はかねてより米国プロビミ社との提携により、独自の栄養計算ソフトを開発し、営業担当者のアドバイザリー機能を強化して、酪農家の経営に貢献してきた。生乳の脂肪酸組成分析・評価は、北米ではよく行なわれているが、国内ではほとんど取り組まれておらず、サービス展開は同社が知る限り日本初の取組みとなる。このサービスにより、同社は利用者に対して客観的な分析データに基づき、季節に応じた飼料給与メニューを御提案することが可能になり、利用者のさらなる生産成績・経営の向上に寄与できるものと考えているとしている。

【問い合わせ】
フィード・ワン(株) 飼料事業本部 畜産飼料部
Tel 045-311-8706

小額投資で効果的カイゼンを 酪総研シンポジウム

2019 年 1 月 31 日

Filed under: — djito @ 9:37 PM セミナー報告

00酪総研シンポジウム

雪印メグミルク 酪農総合研究所は1月31日、札幌市で酪総研シンポジウムを開催した。
全国から約240人が参加した。
今回のテーマは「酪農現場の“カイゼン”を考える パート3~小額投資で生産性の向上を!~」として3氏の講演が行なわれた。

●牛の行動を基に施設や飼養管理を見直す~牛も人も幸せに~
 森田 茂氏(酪農学園大学 農食環境学群 循環農学類 教授)
乳牛行動の観察・解析は飼養環境改善に有効な手段であり、「行動を観察して評価する」を継続することでPDCAサイクルへと進展する。1 行動(姿勢)を直接見る、2 記録されたデータを読む、3 痕跡を見る、ことで乳牛の状態を読み解くことができる。乳牛の行動を観察して改善することで、乳牛も人もハッピーになる。

●酪農における光環環境制御の効果とそのメカニズム
 粕谷 悦子氏(農研機構 畜産研究部門 畜産環境研究領域 飼養環境ユニット 上級研究員)
メラトニンは家畜の生産性に関与するホルモンであり、その分泌パターンは、昼(明期)は低く、夜(暗期)は高い。泌乳牛に関しては、明期を16~18時間/日にすると、メラトニンのメカニズムにより乳量が増加する(長日効果)。逆に、乾乳牛に関しては、明期を8時間にすると、次乳期の泌乳前期乳量が増加する(短日効果)。また、ブルーライトはメラトニンの分泌を抑制する。

●カイゼンの道しるべ~乳検データの活かし方を考える~
 佐坂 俊弘氏(北海道酪農検定検査協会 乳牛検定部 検定課 課長)
3年前から運用開始した「牛群検定WebシステムDL」は、乳検加入者にとっては、まさに、お金のかからない情報分析ツールである。1 繁殖管理、2 バルク情報、3 損失チェック、4 支援者の専用などの機能が盛り込まれている。新情報の、PAG検査、FFA、ケトン体も反映される。

※詳報はDairy Japan 3月号で

さらに一段上げの94.5万円 ホクレン家畜市場 1月の初妊牛相場

2019 年 1 月 30 日

Filed under: — djito @ 6:16 AM 業界情報

2019-01-29

ホクレン家畜市場・初妊牛相場の1月集計(速報)がホクレン酪農部家畜販売課より発表された。

1月については、出回りの中心が春分娩となり、全国的に需要が活発化したことから、価格は94万5000円(前月比6万2000円高・前年比5万3000円高)と一段値を上げて推移した。

2月については、引き続き出回りの中心が春分娩となり、通常の更新需要に加え春産み需要の継続が見込まれることから、相場は保ち合いで推移することが予想される。

セミナー案内「ロボット搾乳システムの牛舎と牛舎管理」十勝乳検連

2019 年 1 月 22 日

Filed under: — djito @ 6:24 PM セミナー開催案内

十勝乳牛検定組合連合会らは以下の日程で、標記セミナーを開催する。

●日時:2月26日(火) 午前10時~午後3時

●場所:ホテル日航ノースランド帯広

●テーマ:ロボット搾乳システムの牛舎と牛舎管理

●講師:ジャック・ローゼンバーグ 氏(Dairy Logix社)
 ロボット搾乳システムや牛舎管理に精通するコンサルタントで、北米を拠点に世界各国で活躍。
 ロボット搾乳を利用する際にポイントとなる、乳牛の行動学や牛舎管理の考え方について紹介。

●対象:酪農家、農協、乳検組合、NOSAI、授精師、普及センター、酪農関連機器メーカーなど関係団体酪農関係者

●参加費:当日支払い
 1 主催団体会員および関係者=2,000円/人
 2 その他(関係者以外、当日参加など)=5,000円/人

●申し込み:2月15日(金)までに、所属団体、氏名を明記のうえ、事務局へFAXもしくはメールで。

●事務局:十勝農業協同組合連合会 畜産部 酪農畜産課(担当/渡邊)
 TEL 0155-24-2536 FAX 0155-25-4680
 メール t_watanabe@nkrtwosv.nokyoren.or.jp

●注意:
 参加者に変更がある場合は、2月22日(金)までに事務局へ連絡。
 当日キャンセルの場合は、該当者の参加費を徴収。

●主催:十勝乳牛検定組合連合会、十勝管内農協畜産技術員研究会、十勝管内家畜人工授精師協会、十勝乳質改善協議会、十勝農業協同組合連合会、畜産システム研究所

●協賛:コーンズ・エージー、デラバル、北海道オリオン

JNC サイエンティフィックキャンプ開催案内:日本ニュートリション

2019 年 1 月 15 日

Filed under: — Yayoi Uruno @ 10:12 AM セミナー開催案内

日本ニュートリション(株)は2月19~22日、鹿児島市、東京、札幌市内で「JNCサイエンティフィックキャンプ 2019」を開催する。詳細は下記のとおり。

【鹿児島会場】
日時:2 月19 日 9:00~15:10 ※定員50 名
場所:TKPガーデンシティ鹿児島中央
住所:鹿児島県県鹿児島市中央町26−1 南国アネックス TEL:099-214-2525
〔講演〕
(1)養豚生産農場における生産記録を活用した、生産性向上のための疫学研究
宮崎大学 佐々木羊介博士
(2)動物生産における腸管の炎症
How gut inflammation influences animal production
Phytobiotics Futterzusatzstoffe GmbH
Michael Boddington, Director Business Development Asia
Dr. Guangda Danny Xue, Chief Inflammation Officer
(3)豚への二ギ酸カリウムの利用
Application of Potassium Diformate in Pig Diets
ADDCON GmbH
Ryan Von de Leon, Technical Application Manager
(4)リグノセルロースの家畜飼料への利用
Feeding Lignocellulose in animal production
Link Asia Partners Pte. Ltd. (Agromed GmbH)
David Sanders, CEO

【東京会場】
日時:2 月20 日 10:00~17:00 (セミナー終了後に懇親会開催) ※定員150 名
場所:TKP赤坂駅カンファレンスセンター
住所:東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館 TEL:03-5552-7811
〔講演〕
(1)採卵養鶏業:パラダイムシフトの予兆?
 ??放置不可:OIEのAW二次案への(UEPの敗北?から学ぶ)対応策
 ??関東地区1千万羽増羽計画の必然性とは
(株)ウチナミ代表取締役 高田雄詳社長
(2)動物生産における腸管の炎症(以下、鹿児島会場と同じ)
(3)豚への二ギ酸カリウムの利用
Application of Potassium Diformate in Pig Diets
ADDCON GmbH
Kurt Wegleitner, Managing Director
Ryan Von de Leon, Technical Application Manager
(4)リグノセルロースの家畜飼料への利用(以下、鹿児島会場と同じ)

【札幌会場】
日時:2 月22 日 9:00~15:10 ※定員50 名
場所:TKPガーデンシティPREMIUM 札幌大通
住所:北海道札幌市中央区南1 条西1 丁目8 番地2 高桑ビル TEL:011-252-7933
〔講演〕
(1)食品安全に向けた飼料畜産業界におけるマネージメントシステム
日本ニュートリション(株) 管理第二ユニットマネージャー代行 長島 太郎氏
(2)動物生産における腸管の炎症(以下、鹿児島会場と同じ)
(3)豚への二ギ酸カリウムの利用(以下、東京会場と同じ)
(4)リグノセルロースの家畜飼料への利用(以下、鹿児島会場と同じ)

◆参加費:無料 (懇親会は一人5000 円)
◆申込方法:申込書に必要事項をご記入のうえ、FAXあるいはメールで申込む。
◆問い合わせ:日本ニュートリション(株)セミナー事務局 岡田、榎田まで
TEL 03-5771-7891 FAX 03-5771-7894
E-mail:seminar@jnc.co.jp

« 前ページへ次ページへ »

Copyright (C) 2005 Dairy Japan Corporation. All Rights Reserved.