導入意欲低調で45.5万円 ホクレン家畜市場 初妊牛相場(10月集計)

2022 年 11 月 1 日

Filed under: — djito @ 5:24 午後 業界情報

ホクレン家畜市場・初妊牛相場の10月集計(速報)がホクレン酪農部家畜販売課より発表された。

10月は、飼料高と副産物価格の低迷が続くなか、生乳生産の先行きも不透明で導入意欲は低調な状況が続き、平均価格45万5000円(前月比1万4000円安・前年比14万7000円安)と弱含みで推移した。

11月は、下牧を迎えて出回り頭数は前月と並んで年間で最も多くなる時期であるものの、生産情勢は上向く要素が見込めず、引き続き更新需要中心の引き合いとなることから、相場は保合いで推移することが予想される。

【開催案内】酪農学園大学・雪印種苗 共催酪農セミナー

Filed under: — djito @ 9:29 午前 セミナー開催告知

「飼料高騰下における国内飼料生産について」をテーマとした「2022年度 酪農学園大学・雪印種苗 共催酪農セミナー」が会場とWebでハイブリット開催される。
■日時:12月10日(土)9~15時(受付開始8時30分)
■場所:酪農学園大学 学生ホール(北海道江別市文京台緑町582番地)
・受講者は会場:先着100名、Web配信:無制限。
・新型コロナウイルス感染状況によっては開催内容を変更する可能性あり。
・Web配信(Zoom)のURLは事務局よりメールで案内される。
■参加対象者:酪農生産者、酪農乳業関係者、メディアなど
■参加費用:無料
■申し込み方法:以下URLからアクセスもしくは雪印種苗のホームページから申し込む
https://www.snowseed.co.jp/kyosaiseminar2022/
■申し込み開始:11月1日(火)
■申し込み締切:12月2日(金)
■プログラム(予定):
1 昨今の輸入粗飼料の情勢について
兼松 穀物飼料部 粗飼料課 課長・森光知之氏、課長補佐・磯野雅之氏、千葉拓弘氏
2 飼料をめぐる情勢
農林水産省 畜産局 飼料課 流通飼料専門官・光田智裕氏
3 飼料価格高騰下における酪農経営の課題~草地型酪農を中心に~
学校法人 酪農学園大学 循環農学類 農村計画論研究室 教授・吉野宣彦氏
4 飼料価格の高騰を受けた北海道における飼料生産について
雪印種苗 トータルサポート室 担当部長・佐藤尚親氏
5 飼料価格の高騰を受けた都府県における飼料生産について
山形大学 農学部 附属やまがたフィールド科学センター 教授・浦川修司氏

Copyright (C) 2005 Dairy Japan Corporation. All Rights Reserved.