座談会「最悪の酪農情勢を乗り切るには」開催案内

2022 年 9 月 7 日

Filed under: — maetomo @ 9:21 午前 セミナー開催案内

非営利団体である「安心安全な国産牛乳を生産する会」(代表:湯浅清春氏)は、11月15日、茨城県県南生涯学習センターで、講演会・座談会「最悪の酪農情勢を乗り切る」を開催する。講演会では東京大学大学院・鈴木宣弘教授が、生き残るための具体的な対策や廃業やむなしの判断条件の分岐点などについて講演する。

「安心安全な国産牛乳を生産する会」では、今回の講演会・座談会の開催趣旨として、「農水省・政府・組合・農家・乳業・消費者すべてが一丸となって現状把握と将来構想を構築しなければ産業として壊滅する危機である。多くの皆様の連携・ご協力で良い方向に進めていきたい」としている。

詳細は以下から。

http://anshin-gyuny.chowder.jp/wordpress

【セミナー開催】ルーメン微生物と飼料効率の改善

Filed under: — 前田真之介 @ 9:19 午前 未分類

【セミナー開催】ルーメン微生物と飼料効率の改善

ラレマンドバイオテック(株)は11月22日、ウェブセミナーを開催する。セミナーテーマは「ルーメン微生物の管理による飼料効率の改善」。

ルーメン微生物を適切に保つための生きた酵母「レブセルSC」の働きなどについて解説する。

講師を務めるのはフレデリック チャウチェイラスーデュランド博士

とオーレリアン ピロン氏

が解説する。

参加費は無料で専用サイトから申し込みが可能。

――――開催案内――――

セミナーテーマ:【ルーメン微生物の管理による飼料効率の改善】

開催日時:2022年11月22日(火)14:30~16:30

プログラム

講演1:「ルーメンマイクロバイオータ(微生物)の管理の目的」

――フレデリック チャウチェイラスーデュランド博士

講演2:「生きた酵母レブセルSC活用による、飼料効率の改善」

――オーレリアン ピロン氏

参加費用:無料

ウェビナーシステム:GoToWebinar

お申込みはこちらから↓

セミナー申し込み専用サイト

 

 

Copyright (C) 2005 Dairy Japan Corporation. All Rights Reserved.