「愛してミルク?」ツール無償提供

2020 年 5 月 21 日

Filed under: — maetomo @ 3:57 午後 ニュース

 Jミルクは今年度の「牛乳の日・牛乳月間」の取り組みの一つとして、「愛してミルク?」ツールを無償提供する。希望者はJミルクホームページから申し込み用紙をダウンロードし必要事項を記入のうえ、e-mailまたはFAXで申し込む。ツールの提供は在庫限り。
詳細と申し込み用紙のダウンロードは以下から。
https://www.j-milk.jp/milkday/index.html#hdg2

牛乳月間にミルクでつながる「ありがとう」の輪を

Filed under: — maetomo @ 1:54 午後 ニュース

Jミルクは今年の「牛乳の日・牛乳月間」の活動方針をまとめた。それによると今年の活動は、新型コロナウイルス感染症対策を考慮し、大規模イベントなどの開催は見送り、ウェブやSNS、既存メディアを活用した情報発信を中心とする。
活動内容は、健康や食生活ニーズに対応した牛乳乳製品の価値に関する情報発信のほか、消費者に牛乳の応援に対する「ありがとう」メッセージのSNS投稿推進、「Enjoy Dairyラリー」のSNS上での推進など。このうち「ありがとう」メッセージのSNS投稿推進については、『ミルクでつながる「ありがとう」の輪 #ミルクのバトンリレー2020』と題し、酪農家や乳業者、販売店、酪農乳業組織の関係者らが互いの仕事や取り組みへの理解を深めるとともに、牛乳を応援する消費者「ありがとう」を伝えるリレーメッセージを発信する企画をJミルク公式Facebookページで推進するもの。Jミルクでは酪農乳業関係者に広くリレーメッセージに参加してほしいとしている。リレーメッセージの投稿の際は、ハッシュタグ「#ミルクのバトンリレー2020」「#牛乳応援ありがとう」をつけて投稿する。
「Enjoy Dairyラリー」では、同様にハッシュタグ「#WorldMilkDay」「#EnjoyDairy」「#牛乳の日」「#牛乳月間」をつけて投稿することを推進し、「世界牛乳の日」の訴求を進める。『EnjoyDairyラリー」も同様に、広く酪農乳業関係者に参加してほしいとしている。

Copyright (C) 2005 Dairy Japan Corporation. All Rights Reserved.