ユーロティア2020開催

2020 年 4 月 30 日

DLG e.V.(ドイツ農業協会)は、11月17~20日、ドイツ・ハノーバー市のハノーバー国際見本市会場で畜産生産に関する世界トップクラスのトレードフェアユーロティア2020「EuroTier2020」を開催する。
ユーロティアは1993年にスタート、出展規模の拡大に伴い1996年よりハノーバー国際見本市会場にて隔年開催している畜産技術および分散型エネルギーをフォーカスした国際展示会。
今回は「Farming in the Food Chian」をテーマに掲げ、61カ国から2500もの出展者が新製品・イノベーションを発表。また、4年ぶりに開催されるワールドポートリーショー(WPS)をはじめ、さまざまなトピックスをピックアップしたテクニカル・プログラムを企画している。

一段下げ79.6万円 ホクレン家畜市場 4月の初妊牛相場

Filed under: — djito @ 3:56 午後 業界情報

ホクレン家畜市場・初妊牛相場の4月集計(速報)がホクレン酪農部家畜販売課より発表された。

4月は、出回りの一部が夏分娩に移行するなか、新型コロナウイルスの影響により来場者が減少し、相場は一段値を下げて推移した。
※平均価格79万6000円(税込)、前月比5万3000円安・前年比12万2000円安(税抜比)

5月は、夏分娩中心の出回りとなり、出回り頭数の増加も予想されることから、相場は弱含みで推移することが予想される。

雪印メグミルクがSTAY HOME応援企画

Filed under: — maetomo @ 2:51 午後 ニュース

雪印メグミルクは4月28日、「STAY HOME応援企画」として、おうち時間を楽しめるコンテンツまとめた。

https://www.meg-snow.com/cp/stayhome/

同サイトでは自宅で過ごす時間を楽しめる塗り絵や牛乳パックを使った工作の紹介、牧場の一日を学べる酪農理解促進コンテンツのほか、酪農家応援レシピをはじめとした自宅で楽しめるレシピ紹介、SNSと連動したキャンペーンなどをまとめている。

J-MILK REPORTを発刊

2020 年 4 月 29 日

Filed under: — maetomo @ 1:05 午後 ニュース

Jミルクは広報誌「J-MILK REPORT Vol.36」を発刊した。同誌はJミルクWebサイトで閲覧できる。

https://www.j-milk.jp/gyokai/report/index.html

「J-MILK REPORT」はJミルクの活動を見える化するため、四半期ごとに発刊されている。Vol.36では先にJミルクが発信した「提言」の紹介やそれを受けた酪農家の意見、酪農乳業産業基盤強化特別対策事業の実績紹介、乳業のうごき、地域と酪農とのつながりなどをまとめている。なお、同誌は都道府県や政府による外出自粛要請前に取材したとしている。

新発売 万能前掛「ユーティリビブ」・万能腕カバー「ユーティリスリーブ」 デーリィ商事

2020 年 4 月 28 日

Filed under: — djito @ 1:30 午後 新商品

(株)デーリィ商事は、酪農用の万能前掛「ユーティリビブ」と万能腕カバー「ユーティリスリーブ」を新発売した。
万能前掛「ユーティリビブ」は、防水性、快適性、軽量性、柔軟性、視認性を高める反射性バンドを備え、洗濯機で洗える。万能腕カバー「ユーティリスリーブ」は100%防水。

■万能前掛「ユーティリビブ」の特長
・胸に四つの便利なポケット。一つはメモ帳の収納用にジッパー式で、あとの三つはペン、電話、眼鏡、そのほか必要なものに簡単に出し入れできる面ファスナー式。
・二つの特大太腿(もも)ポケットには、それぞれ最大25枚のタオルを収納でき、ディップカップやブラシを掛けるのにも最適。排水用グロメットも付いている。
・着脱が簡単なストラップクリップが付いていて、親指で押すだけで取り外しができる。
・調節可能な大きなウエストストラップは、三段階の快適さを実現。
・ジッパー式の足首の開口部により、ブーツを履いたまま「ユーティリビブ」にスライドできる。
・三つのボトムレッグスナップによりパンツのレッグが適切にフィットし、パンツを清潔に保つ。

■万能腕カバー「ユーティリスリーブ」の特長
・耐久性のある撥水ナイロン製で、安全なSeamtite手首カフを備えている。
・手首カフはダイビング器材で使用されているのと同じ技術を用い、手首を乾いた状態に保つ。
・手首カフをフィットさせるためにガイドを使用して目的の幅にカットできる。
・アームバンドはシリコンゲルで裏打ちされた伸縮性素材を使用。

【問い合わせ】
(株)デーリィ商事
札幌市南区澄川3条4丁目
TEL 011-823-6350 FAX 011-811-1618

※写真上=万能前掛「ユーティリビブ」
※写真下=万能腕カバー「ユーティリスリーブ」

酪農場での「コロナ感染予防」リーフレット使ってください!

2020 年 4 月 27 日

Filed under: — djito @ 1:32 午後 ニュース

Dairy Japanで好評連載中「酪農学習シート」の作者・伊藤沙智さん(北海道苫前町/酪農後継者)が、酪農場での新型コロナウイルス感染予防のために特別バージョンをデザイン作成し、「ご自由にお使いください」とご提供いただきました。
印字して、ぜひご利用ください。
また、お友達にも、このリーフレットを教えてあげてください。
ファイルのダウンロードは以下から。

新発売 初乳バッグ専用のパスチャライザー「マチルダ」 コーンズ・エージー

2020 年 4 月 24 日

Filed under: — djito @ 6:39 午前 新商品

(株)コーンズ・エージーは、デイリーテック社(アメリカ)の初乳バッグ「パーフェクトアダー」専用のパスチャライザー「マチルダ」を新発売した。

■特長:低温殺菌した衛生的な初乳の給与でバイオセキュリティの改善
〇「マチルダ」:初乳バッグ「パーフェクトアダー」に充填した初乳を低温殺菌、冷却(哺乳温度または水温まで)するプログラムを搭載。また冷凍した「パーフェクトアダー」の解凍も可能。Bluetooth接続によりプログラムの設定変更や処理中の温度変化を確認できる。
〇「パーフェクトアダー」:2L・3L・4Lのサイズで初乳を充填し、低温殺菌、冷凍保存、専用ニップルを付け替えて哺乳まで、一つのバッグで衛生的に管理できる。

■仕様
処理容量:「パーフェクトアダー」のサイズにかかわらず2バッグ同時に処理可能
寸法:W560×D800×H635mm
操作:日本語表示タッチパネル

■付属品
「パーフェクトアダー」2L×10枚キット、4L×10キット、バッグフィラー、肩掛けバッグケース

写真上:パスチャライザー「マチルダ
写真下:初乳バッグ「パーフェクトアダー」キット

「酪農女性サミット2019 in 帯広ファイナル」のムービー公開

2020 年 4 月 18 日

Filed under: — djito @ 11:51 午前 ニュース

酪農女性サミット実行委員会は、昨年12月に開催された「酪農女性サミット2019 in 帯広ファイナル」の動画を公開した。
セミナー、ワークショップ、懇親会、作業着ファッションショーのダイジェストのほか、来場者インタビュー、実行委員の舞台裏の様子なども収録されている。

視聴アクセスは以下から。
https://www.facebook.com/482891305411618/posts/1117633268604082/?d=n

在宅生活中の食生活のヒントを公開

2020 年 4 月 14 日

Filed under: — maetomo @ 11:02 午前 ニュース,新型コロナウイルス感染症

Jミルクは4月10日と13日、JミルクWebサイトで新型コロナウイルス関連情報として、「免疫力を高める」を公開した。Jミルクでは今後も在宅生活の長期化で心配される栄養や食事面での情報を発信していくとしている。

https://www.j-milk.jp/knowledge/nutrition/h4ogb40000003azz.html

同ページでは、在宅生活中に生活リズムを整えたり、低栄養にならないための食生活や生活習慣などについて発信している。
10日発信の第1回目は生活リズムを調整する朝ごはんの重要性について、13日発信の第2回は低栄養を防ぐための栄養バランスなどを紹介している。
新型コロナウイルス感染症が拡大するなか、在宅勤務や自宅待機をされる方も多い。ぜひ参考に。
同ページは以下。

https://www.j-milk.jp/knowledge/nutrition/h4ogb40000003azz.html

新型コロナウイルス感染拡大に伴う弊社対応のご連絡

2020 年 4 月 13 日

Filed under: — maetomo @ 4:11 午後 未分類
弊社では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、お客様、お取引様、従業員とその家族の感染予防と感染拡大の防止に向けた対応を進めてまいりました。
4月8日に発出された「緊急事態宣言」を受け、弊社といたしましては感染拡大リスクをさらに防ぐため、一時的に本社業務の時間短縮および出勤人数の制限をすることといたしました。
何卒、ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。
期間:4月13日から当面の期間
本社営業時間:10:00から16:00
次ページへ »

Copyright (C) 2005 Dairy Japan Corporation. All Rights Reserved.