根釧農試の搾乳手順「変法ミネソタ法」

20071213.jpg

北海道立根釧農業試験場のミルキングパーラーでの搾乳手順を取材してきました。
同試験場の搾乳牛は約100頭で、パーラーで約50頭、あとは搾乳ロボットとタイストールで搾乳されます。
ミルキングパーラーは8頭Wのヘリンボーンです。

搾乳手順は「変法ミネソタ法」と呼ばれるもので、以下のようになっています。
1 搾乳手袋の装着〔細菌学的衛生〕
2 プレディッピング〔30秒以上のコンタクトタイム〕
3 ストリップカップで前搾り〔5回以上〕
4 乳頭のもみ洗い〔汚れがひどい時は2回ディップ〕
5 手洗い〔手袋の汚れを洗い流す・殺菌〕
6 乳頭の清拭〔とくに乳頭口をきれいにする〕
7 ユニットの装着〔乳頭刺激から約1分後〕
8 ユニットの位置調整〔ライナースリップ等の防止〕
9 ポストディッピング〔細菌感染の予防〕
10 自動離脱 〔ミルクフロー終了限界値設定/408ml〕
11 フィルターソックスの確認〔搾乳の検証〕

「変法ミネソタ法」の大きな特徴は、4乳頭のもみ洗い、です。
その成果として、同試験場の体細胞数は常に10万以下。
9月中旬は6.1万/ml、8月中旬は5.5万/mlです。

詳しくは、Dairy Japan3月号で解説を予定しています

namazu

こんばんは 

 以前この記事が 上がった時 

 ここの搾乳手順と 写真を 家族の携帯にメールしました。

 すると 朝の搾乳から この搾乳手順に 何も 揉めることなく

 統一出来ました・・・・ 多少体細胞も下がったみたいです。

 

 

北海道支局

namazuさん、コメントありがとうございました。
即実行されたnamazuさん、そしてご家族に敬服です。
常に乳質の向上を目指しておられる証ですね。

チカチカ

携帯サイトで見ているので、乳頭の揉み洗いがピンときません。この方法で、乳頭刺激から約一分後にユニットの装着が可能なのでしょうか? DJの3月号を楽しみにしています。

北海道支局

チカチカさん

コメントありがとうございました。
携帯サイトでご覧いただき、ありがとうございます。
記事は今年(2008年)のDairy Japan3月号に掲載されていますので、ぜひご覧ください。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です