Gチャンピオンは山岸剛氏(士幌町)出品のサクランド ドアマン ロケツト ET 北海道ホルスタインナショナルショウ

2022 年 9 月 25 日

Filed under: — djito @ 3:25 午後 共進会

「2022年北海道ホルスタインナショナルショウ」が9月24・25日、安平町早来の共進会場で開催された。
ホルスタイン種320頭、ジャージー種37頭がその資質を競い合った。オフィシャルジャッジは児玉辰司氏(十勝家畜人工授精所)、アソシエートジャッジは藤田功氏(ジェネティクス北海道)。
去年・一昨年は新型コロナウイルス感染症を回避するため開催が中止されたことから3年ぶり。感染リスクを最小限に抑えるため、例年より規模を縮小し、会場内は出品者とホルスタイン農協組合員および関係者のみとし、感染対策をしっかりと講じての開催とした。

ホルスタイン種でグランド・チャンピオンに輝いたのは、士幌町・山岸剛氏出品のサクランド ドアマン ロケツト ET(父 バルビツソン ドアマン ET)。本牛はシニア3歳クラスの1等賞1席で、インターミディエイト・チャンピオン。オフィシャルジャッジの児玉氏は「素晴らしいフレーム、素晴らしい乳房」と絶賛した。
リザーブ・グランド・チャンピオンは、更別村・今村慎吾氏出品のバージニア ウエルトツプ GC カレント(父 ミスター チヤシテイー ゴールド チツプ ET)。本牛はジュニア3歳クラスの1等賞1席で、リザーブ・インターミディエイト・チャンピオン。

部門ごとのチャンピオンとリザーブ・チャンピオンは以下のとおり(出品者の敬称略)。
◎ジュニア・チャンピオン
フオレツクス サイドキツク C ベテイ(中札内村・森淑嗣、父 ウオルナツトローン サイドキツク ET)
○リザーブ・ジュニア・チャンピオン
ビクトリア ウオール インプレツシヨン デイアナ(紋別市・永峰勝利、父 モニユメント インプレツシヨン ET)
◎インターミディエイト・チャンピオン
サクランド ドアマン ロケツト ET(士幌町・山岸剛、父 バルビツソン ドアマン ET)
○リザーブ・インターミディエイト・チャンピオン
バージニア ウエルトツプ GC カレント(更別村・今村慎吾、父 ミスター チヤシテイー ゴールド チツプ ET)
◎シニア・チャンピオン
TMF ゴールド ジエイコブ インサート リアン ET(清水町・(有)田中牧場、父 JK エダーアイ コントロール ET)
○リザーブ・シニア・チャンピオン
フアインデール チツプ クイーン(標茶町・(株)ファインデール、父 ミスター チヤシテイー ゴールド チツプ ET)

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Copyright (C) 2005 Dairy Japan Corporation. All Rights Reserved.