ロボット搾乳牛舎に関するセミナー開催案内 トータルハードマネージメントサービス

2019 年 9 月 30 日

Filed under: — djito @ 10:12 午前 セミナー開催案内

北海道根室管内で生産獣医療サービスを手掛けるトータルハードマネージメントサービス社が、10月30日に同管内中標津町で、ロボット搾乳牛舎の設計評価に関るセミナーを開催する。
講師は、牛舎デザインに関するコンサルティングを世界各国で展開し、今注目を浴びている、フィンランドの4dBarn社。

●テーマ:牛舎の機能的なデザインと労働効率を考える
《内容》
・搾乳ロボット牛舎の設計について
・搾乳ロボットの作業効率
・牛舎の機能的なデザインとトラブルシューティング
《講師》
4dBarn社のJouni Pitkäranta(建築士)とVirpi Kurkela(獣医師)
通訳は金井奈穂子(釧路ファームサポート)
●日時:10月30日(水)10:30 ~ 14:30(受付10:00?)
●場所:中標津総合文化会館「しるべっと」コミュニティホール
北海道標津郡中標津町東2条南3丁目1-1
●参加費:3,500円(昼食代含む)
●申し込み方法
氏名、所属、電話、領収証の有無を明記のうえ、トータルハードマネージメントサービス社へFAX(0153-75-6592)する。
●申し込み締め切り:10月18日(金)
●問い合わせ:トータルハードマネージメントサービス(担当:奥啓輔)
TEL 0153-75-6589 FAX 0153-75-6592

※4dBarnは、今年のDairy Japan 5月号「搾乳ロボット牛舎では夜間に意外なことが起こっている」を執筆。以下のDJスタッフブログ参照。

夜間に意外なことが起こっている

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Copyright (C) 2005 Dairy Japan Corporation. All Rights Reserved.