開催案内 第5回 広島大学酪農技術セミナー

2019 年 7 月 25 日

Filed under: — maetomo @ 3:17 午後 セミナー開催案内

第5回広島大学酪農技術セミナーが10月23日、東広島市・東広島芸術文化ホール「くらら」で開催される。同セミナーは酪農技術に関する最新の情報等を生産現場へ発信することを目的に開催され、酪農家を始めすべての酪農関係者が参加できる。
今回のテーマは「粗飼料について考えよう!〜乳牛の主食は粗飼料です〜」で、栄養としての粗飼料、自給飼料の作付けから利用まで、飼料イネについて、それぞれ第一線の講師を招聘して解説する。
またセミナー後は農業改良普及員を主な対象とした「普及員研修会」を開催する。

●開催日時
セミナー:10月23日(水)
普及員研修会:10月24日(木)・10月25日(金)

●場所
セミナー:東広島芸術文化ホール「くらら」小ホール(http://kurara-hall.jp)
普及員研修会:広島大学西条共同研修センター
牛舎検討会:田島牧場

●参加費用
・セミナー参加費:5000円(資料代含む、懇親会費含まず)
・普及員研修会:1万円(宿泊費・食費別途)
懇親会参加は任意なので、希望者は申し込み時に参加の有無を必ず明記する(5000円)。
□セミナーの参加費および懇親会費は専用サイトから申し込み後、クレジット決済または振り込み、当日現金にて支払う。普及員研修会参加費は当日支払うこと。
※セミナーは定員300名(酪農関係者、先着順)。
※※普及員研修会は定員20名。

●参加申し込み方法
・セミナー:以下、申し込み専用サイトから申し込む。
http://www.kntcs.co.jp/ec/2019/rakuno/
※7月22日から
※※参加締め切り:10月6日
・普及員研修会:e-mailにて。表題に「研修会参加申し込み」と表記し、本文に氏名、所属、e-mailアドレスを記入のうえ送信する。
e-mail送付先:広島大学大学院統合生命科学研究科 杉野利久(sugino@hiroshima-u.ac.jp)

●協賛広告
3万円/一口(モノクロA4版・1頁まで)

●問い合わせ
内容に関する問合せ先:杉野 利久(sugino@hiroshima-u.ac.jp)
参加に関する問合せ先:新居 千佳(niichika@hiroshima-u.ac.jp)
※両問い合わせとも電話は082-42-7956まで。

●プログラム
・10月23日
【基調講演】
・粗飼料を科学する
(10:30〜12:00)
講師:大場 真人(アルバータ大学)

【セミナー】
粗飼料について考えよう!〜乳牛の主食は粗飼料です〜
13:00〜17:00
・自給飼料を考える〜作付けから利用まで
(13:00〜14:30)
講師:久保園 弘(全酪連技術顧問)
講師:増田 靖(熊本らくのうマザーズ)
・飼料イネの乳牛への利用を考える〜研究と現場の視点
(14:45〜16:15)
講師:新出 昭吾(広島県畜産技術センター)
講師:森本 慎思(大分県農林水産部)
・パネルディスカッション
(16:30〜17:00)
司会:杉野利久(広島大学)

・10月24日・25日
【第4回普及員研修会】
今回は夜通し酪農徹底討論 ?普及員の視点養成講座?
ファシリテーター:村上 明弘、中田 悦男(全酪連技術顧問)、永井 秀樹(兵庫県農林水産技術総合センター)、森本 慎思(大分県農林水産部)
聴講生:大場 真人、杉野 利久

広島大学の宿泊研修施設で1泊2日、夜通し現場普及のあり方に関して徹底討論する。普及のプロから直接学べる絶好の機会。とくに現場での普及指導に悩む若い方にとって、実践的な普及技術を学べると毎年好評を得ている。毎回全国から参加者が集うため、地域を超えた情報共有も可能。牛舎検討会は、今年4月に新規就農した田島牧場で行なう。

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Copyright (C) 2005 Dairy Japan Corporation. All Rights Reserved.