混合不活化ワクチン「ボビバック®B5」新発売:共立製薬(株)

2014 年 12 月 8 日

Filed under: — admin @ 8:00 AM 新商品

s「ボビバックB5」
共立製薬(株)は、12月8日、牛用ワクチンであるボビバック・シリーズとして、「ボビバック®B5」を新発売した。
本品は、牛伝染性鼻気管炎、牛ウイルス性下痢-粘膜病(BVDV)、牛パラインフルエンザ、牛RSウイルス感染症を予防する混合不活化ワクチン。
近年の国内流行BVDV1型の1a型から1b型への推移に注目し、国内のBVDV発症牛より分離した1b型BVDVを使用。より野外の流行に沿うよう開発された。

【特長】
1. ワクチン製造用株はすべて国内分離株
2. 牛RSウイルスは山形分離株を使用
3. 多様性のあるBVDVを広くカバー
4. 国内流行BVDV1型の推移に合せ、1b型ウイルスを使用

【成分・分量】
液状不活化ワクチン 2mL(1頭分)中:
牛伝染性鼻気管炎ウイルス No.758KS株
(不活化前ウイルス量)107.5TCID50以上
牛ウイルス性下痢ウイルス(1型) HK286KS株
(不活化前ウイルス量)106.0TCID50以上
牛ウイルス性下痢ウイルス(2型) HK060KS株
(不活化前ウイルス量)105.9TCID50以上
牛パラインフルエンザ3型ウイルス BN1-1KS株
(不活化前ウイルス量)107.4TCID50以上
牛RSウイルス 山形KS株
(不活化前ウイルス量)106.1TCID50以上

【用法・用量】
・2mLを3~5週間隔で2回、筋肉内注射
・追加免疫用として本ワクチンを使用する場合には、半年~1年毎に2mLを筋肉内注射

【包装】
1セット10頭分 液状ワクチン20mL 1バイアル

【問い合わせ】
共立製薬(株)PA営業本部
TEL:03-3264-7559

新発売 いやがらす「ハサムーチョ」 デーリィ商事

2014 年 10 月 24 日

Filed under: — djito @ 9:26 AM 新商品

01

カラス被害の救世主「いやがらす」を好評発売中の(株)デーリィ商事は、新タイプ「ハサムーチョ」を新発売した。
「ハサムーチョ」はクリップ式で挟むだけの簡単設置、角度も自由自在。
プロペラが回るたび強烈な光を放ち、カラスを寄せ付けない。
カラス以外にも、ムクドリ、ヒヨドリ、スズメ、コウモリ、水鳥、サル、ハトにも効果があった。
「いやがらす」はほかにも、さまざまなラインナップがある。
【問い合わせ】
(株)デーリィ商事
札幌市南区澄川3条4丁目
TEL 011-823-6350 FAX 011-811-1618

女性のための腰サポートインナー「rakunie calena(カレナ)」

2014 年 10 月 1 日

Filed under: — Yayoi Uruno @ 4:00 PM イベント開催案内,新商品

DSC02215

?カレナ 着用時全身後姿

(株)モリタホールディングスは、着用するだけで腰への負担を軽くする、働く女性のために腰サポートインナー「rakunie cakena(カレナ)」を慶応大学とグンゼ(株)の3者連携により開発。この10月に発表した。
同社では2012年10月に腰部サポートウェア「ラクニエ」を発売しているが、この技術を女性用の腰部サポートインナーへ応用したのが今回のカレナになる。
介護や看護、また農業に携わる女性労働者は日常的に中腰姿勢や前屈姿勢になることが多く、常に腰に大きな負担をかけている。カレナはその負担となる前屈・中腰姿勢に、身体変化を利用して弾性生地の力強い伸縮率を発生させることで、腰部の筋肉をサポートすることで、負担を軽減させる。また機能的な面だけではなく、女性ならではの着用感にもこだわり、体のラインを美しく見せることを実現した。「rakunie calena(カレナ)」はタンクトップとショートレギンスから構成されている。カレナの発売は12月中旬を予定している。

なお今回発表のカレナは現在開催中の10月1~3日に東京ビックサイト・東ホールで開催されている第41回国際福祉機器展において、モリタホールディングスのブース(東6ホール小間番号:6-22-13)にて展示および試着体験を実施している。https://www.hcr.or.jp/

【問い合わせ】
(株)モリタホールディングス 広報室
東京都港区西新橋3-25-31
TEL.03-5777-5088
http://www.morita119.com/

集草性能が向上「ロータリレーキTR2260」:タカキタ

2014 年 9 月 29 日

Filed under: — Yayoi Uruno @ 6:00 PM ニュース,新商品

TR2660

(株)タカキタは、「ロータリレーキTR2260」を発売する。詳細は下記のとおり。

【特長】
・新設計の3Dカムを採用し集草性能を向上させ、振動と騒音を低減。
・タインアームは4本で、1アームあたり3本のタインを装備。かき残しを防止し、集草性能を向上。
・タインとアームとの接続部に突起がなく、草のからまりによる持ち回りを少なくした。
・タインの高さを15mmピッチで6段階に調整でき、圃場や作物に応じて最適な高さが選べる。
・キャスターロック機構でタイヤが固定でき、トラクタへの脱着、格納が安定した姿勢で行なえる。
・作業時にはタイヤの向きをフリーに設定でき、追従性が良くなる。
・タイヤのトレッド幅を従来の300mmから450mmに広げ、機体バランスの安定性が増した。
・キャンパスは跳ね上げ式で集草時と反転・拡散時の切り替えが簡単に行なえる。
・回転するタインアームに対する障害物への接触防止のため安全ガードを標準装備。
・日農工標準オートヒッチ0Sに対応できるキットを用意している。

【ロータリレーキの仕様】
型式=TR2260
▽用途=牧草・稲ワラ等の集草および簡易な反転作業
▽機体寸法=(作業時)全長2060×全幅2200×全高960mm
(移動時)全長2060×全幅1750×全高960mm
▽機体質量=135kg
▽作業幅=220cm
▽ロータ数=1
▽タインアーム数=4本
▽タイン数=12本(1アームに各3本)
▽タイン高さ調整=15mmピッチ:6段階
▽トレッド幅=450mm
▽適応トラクタ=11.0~22.1kW(15?30PS)
▽装着方式=3点リンク直装式
▽TR2260 希望小売価格=369,000円(税別) 398,520円(税込み)

鼻腔内投与型ワクチン「ティーエスブイ2」

2014 年 9 月 9 日

Filed under: — Yayoi Uruno @ 5:30 PM 新商品

 ゾエティス・ジャパン(株)は、牛の呼吸器病対策のための鼻腔内投与型ワクチン「ティーエスブイ2」の発売を開始した。本製品は汎用されている注射型のウイルスワクチンで防御しきれなかった時期を補完する、これまでにないタイプのワクチンである。

【特長】
・早い免疫賦与:投与後4日以内には防御能を獲得できる。
・安全:妊娠牛への投与も可能。温度感受性株を用いているため、体内深部ではワクチン株の増殖が抑制されるため安全。
国内初:国内初の鼻腔内投与型ワクチンであり、鼻腔の局所免疫及び全身性免疫を賦与する。

【製品の詳細】
主な成分・分量:乾燥ワクチン(牛伝染性鼻気管炎ウイルス・牛パラインフルエンザ)、溶解用液(2mL)。
効能・効果:牛伝染性鼻気管炎及びパラインフルエンザの呼吸器症状に対する予防。
用法・用量:凍結乾燥ワクチンに添付の溶解用液を加えて溶解し、1カ月齢以上の健康な牛1頭当たり、両側鼻腔内に1mLずつ計2mLを1回投与する。
有効期限:製造後2年間
包装:1頭分×10(乾燥ワクチン×10バイアル、溶解用液×10バイアル)

【お問合せ】
ゾエティス・ジャパン(株)
URL:http://www.zoetis.jp

大規模牧場向け「ルミナップ®」10月1日発売

2014 年 9 月 3 日

Filed under: — admin @ 3:02 PM 新商品

ルミナップ®M

出光興産(株)(本社:東京都千代田区)は、カシューナッツ殻液(カシューナッツの実を包んでいる殻に含まれている天然植物抽出エキス)を配合する牛用混合飼料 「ルミナップ®」 シリーズの新グレードとして、大規模牧場などでの使用に適した「ルミナップ®M」を開発し、10月1日より共立製薬(株)(本社:東京都千代田区)を通じて全国販売する。

2011年にシリーズ第一弾「ルミナップ®TB」を発売、その後、ペレットタイプの「ルミナップ®P」、高濃度の「ルミナップ®GL」を順次発売。そして今回発売する「ルミナップ®M」はマッシュ(粉末状)の製品で、従来品に比べ飼料との混合性とコストパフォーマンスに優れる。

「ルミナップ®M」
【製品概要】
・包装:20kg紙袋
・給与法:1日に牛1頭当たり10~40gを給与(給与量は牛の体重や使用時期により設定する)

【カシューナッツ殻液の学術知見とその応用】
1. カシューナッツ殻液は下記の働きがあり、牛乳や牛肉の安定生産への貢献が期待できる。
 ・ルーメン内で牛のエネルギー源として利用されるプロピオン 酸、酢酸などのVFA(揮発性脂肪酸)の産生を増やす。
 ・ルーメン内の細菌バランスを正常に保つ。
2. 抗生物質に頼らない安全・安心な畜産物の生産が期待できる。
3. 牛の健康を維持することによりルーメン内から発生するメタンを抑制することができ、牛から排出される温暖化ガスの低減が期待できる。

【問い合わせ】
・出光興産(株)
アグリバイオ事業部(鎭野)
TEL:03-6895-1333
HP=http://www.idemitsu.co.jp
・共立製薬(株)
PA営業本部(有馬)
TEL:03-3264-7559
HP=http://www.kyoritsuseiyaku.co.jp

安全なルーメン分解性蛋白質の濃縮源:オプチゲン

2014 年 8 月 20 日

Filed under: — Yayoi Uruno @ 5:00 PM ニュース,新商品

オルテック・ジャパン合同会社は反芻動物向け徐放性混合濃縮非蛋白性窒素(NPN)濃縮物である「オプチゲン」を発売した。すべてのルーメン微生物、とくに繊維分解菌は、その成長と機能を適切なものに整えるため、窒素を必要とする。オプチゲンはルーメンに窒素を継続的に供給し、これによりルーメン微生物の成長と機能が適切に保たれる。

【特長】
・繊維消化分解菌に対し、より長時間窒素を供給する。
・より多くの発酵性炭水化物を供給するため、産乳量がアップ。
・ルーメン機能がより効率的になり、微生物蛋白合成を促進。
・より効率の良い繊維でルーメンの健康維持が可能。
・夏季における飼料由来の熱生産を制御しやすくなる。
・環境中への窒素排出低減。

【問い合わせ】
オルテック・ジャパン合同会社
〒105-0011
東京都港区芝公園2-3-27 芝公園PR-EX6階
TEL:03-6450-1216 FAX:03-6450-1274

「草地開発整備事業計画基準」:日本草地畜産種子協会

2014 年 7 月 8 日

Filed under: — Yayoi Uruno @ 7:08 AM 新商品

一般社団法人日本草地畜産種子協会は、草地開発整備事業に係る計画樹立および設計に必要な基本的事項並びに事業実施に当たって配慮すべき事項を示し、事業の円滑な推進を図るための「草地開発整備事業計画設計基準」の発行を行なっていたが、改訂版を7年ぶりに発行した。
本基準は、「計画の基本」「調査と計画」「基本施設」「利用施設」「経営の計画」「事業の効果」の6編からなっており、各編に基準の基本的な考え方について枠入りで示し、解説でその細部事項、運用上の留意事項などを示している。畜産関係補助事業の実施に必須の1冊である。

税込価格3240円(送料別途)。
注文、問い合わせは一般社団法人日本草地畜産種子協会・総務部まで。
TEL:03-3251-6501 FAX:03-3251-6507
Email:info@souchi.lin.gr.jp
HP:http://souchi.lin.gr.jp/

「これからの酪農経営と草地管理」:農文協

2014 年 7 月 7 日

Filed under: — Yayoi Uruno @ 5:00 PM 新商品

20140707151800-0001

農文協は「これからの酪農経営と草地管理」(佐々木章晴著)を発行した。急速に進むグローバル化のなかで、円安による飼料や化学肥料の高騰、また年内の交渉妥結を目標に動いているTPPなど、酪農経営が大きく圧迫されている。本書は、こうした厳しい状況に押しつぶされない安定した酪農経営は可能か、可能だとしたらどのようなイメージなのか、その裏付けとしての科学的根拠は何かについて、酪農家の方々の実践から出発して検討したものである。具体的には、実際の経営や草地土壌の調査をもとに経営の収支や土壌の違いを具体的に比較しながら、これからの安定酪農の方向性を示した内容になっている。

【問い合わせ】
農文協 編集部 農業書・園芸書グループ 丸山良一
TEL:03-3585-1147 FAX:03-3585-3668
http://www.ruralnet.or.jp/
〒107-8668 東京都港区赤坂7-6-1

水をかけるだけで冷感アップ:クールダー

2014 年 7 月 4 日

Filed under: — maetomo @ 4:04 PM 新商品
クールダー

クールダー

ZENOAQ日本全薬工業は牛用ネッククーラー「クールダー」を販売している。同品は吸水繊維「ベルオアシス」を採用し、気化熱を利用して効率的に牛体を冷やす暑熱対策アイテム。
同品の冷感持続時間は6時間から8時間。冷感が弱くなってきたら、一旦、牛体から取り外して直接水を含ませるか、牛体に装着したまま水をかけることで冷感が復活する。
暑熱時に、既存の暑熱対策と組み合わせることで、より高い暑熱対策効果を得ることができる。

Mサイズ:幅17cm×長さ85cm
Lサイズ:幅17cm×長さ100cm
(両サイズとも調整ベルトで約14cmのサイズ調整が可能)

製品に関する問い合わせは
日本全薬工業株式会社 BB事業部
TEL:024-945-2319
まで

« 前ページへ次ページへ »

Copyright (C) 2005 Dairy Japan Corporation. All Rights Reserved.