放牧開始時のルーメン細菌叢の変化と放牧管理

2021 年 4 月 30 日

Filed under: — 前田真之介 @ 3:53 午後 ニュース

ラレマンドバイオテック(株)は、放牧開始時(冬用飼料から放牧飼料への変更)のルーメンマイクロバイオータ(細菌叢)の変化と、放牧管理を助ける方法について、同グループ研究マネージャーであるフレデリック・チャウチェイラス・デュランド博士にインタビューを飼、公開した。

インタビューでデュランド博士は「放牧開始の最初の数週間はルーメンの健康維持をするのが難しく、ルーメンマイクロバイオ―タが不安定になる」とし、対策として、生きた酵母を給与する例を紹介した。生きた酵母の給与により、繊維の消化率が改善した例などを解説した。

インタビュー全貌は以下URLより。

放牧開始時への生きた酵母の給与:ルーメンの中で何が起こっている?

 

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

Copyright (C) 2005 Dairy Japan Corporation. All Rights Reserved.