【開催案内】北海道農場HACCP研究会 11月に現地(帯広)とリモートの二本立て

2021 年 8 月 3 日

Filed under: — djito @ 3:51 午後 イベント開催案内

北海道農場HACCP研究会(会長・鈴木正氏)は11月に帯広市で、「第11回 北海道農場HACCP研究会」を開催する。昨年は新型コロナ感染拡大防止のため中止となったが、今年は現地参加とリモート参加の二本立てで開催する。

■日時:11月9日(火)13:00~16:45(受付開始11:30~)
■場所:とかちプラザ・レインボーホールおよび視聴覚室(帯広市西4条南13丁目)
■プログラム:
【基調講演】
ア 石田牧場グループの農場HACCP・JGAP・食品HACCP戦略~安心・安全から信頼と約束へ~
 石田牧場 石田陽一氏
イ 食品HACCP制度とその取り組み事例
 帯広畜産大学 環境農学研究部門 窪田さと子氏
【農場HACCP構築の取り組み】
ア 酪農場等における取り組み
 (株)学林ファーム 駒井貞二氏
 北海道標茶高等学校 野呂栄梨佳氏
イ 肉牛農場における取り組み
 (株)トップファーム 安永淳氏
ウ 養豚場における取り組み
 (有)浅野農場 宮地祥太氏
【質疑応答・意見交換】
※今回は研究会終了後の意見交換会はない。
■研究会参加費:無料、現地参加またはリモート(ZOOM)参加
■参加申込方法:下記URLから、現地参加(帯広会場)またはリモート(ZOOM)参加を選択して、所定の項目(すべて必須)を入力・登録する。
URL:https://hokkaido-haccp1109.peatix.com/
■問い合わせ先:090-6850-0155
■参加申込期限:10月18日(月)
■新型コロナウィルス感染症対策:現地参加は以下に注意。
(1)次に該当する場合には会場への入場を断る場合あり。
 ・研究会当日の検温で37.5℃以上の発熱、体調不良などの症状がある人
 ・過去14日間に新型コロナウィルス感染者と濃厚接触者と特定された人
 ・過去14日間に新型コロナウィルス感染者に接触したことが明らかな人
 ・過去14日間に海外渡航歴がある人
(2)マスクの着用など新北海道スタイルの実践および受付時の体温計測に協力すること。

参加者募集 学生向け酪農宿泊研修「Farmnote Camp」 ファームノート

2021 年 7 月 30 日

Filed under: — djito @ 6:35 午前 イベント開催案内

クラウド牛群管理システム「Farmnote Cloud」や牛向けウェアラブルデバイス「Farmnote Color」などの開発販売を手掛ける株式会社ファームノートホールディングス(本社/帯広市)は、9月に学生向け酪農企画として「Farmnote Camp」を行なう。

「Farmnote Camp」は、若い世代を対象に酪農業界への興味関心醸成を目的とするものだが、単なる牧場視察のような産業理解とは異なるもの。
「自分と酪農の新しい可能性を感じる5日間」をコンセプトとし、自分自身と酪農の現状を知り、可能性を真剣に考え、皆で語る。そのような時間を通して、新たな仲間と未来に向けた可能性創りに貢献したい、としている。

募集概要は以下。
●対象者
・酪農業界に興味のある学生(大学院生、大学生、短大生、専門学校生、高専生)
・全日参加可能であること
・PCR検査を受けること
・SNSで「Farmnote Camp」について発信すること
●日時:9月12日~16日
●滞在先:北海道中標津の宿泊施設
●参加人数:最大5名
●費用:往復旅費、宿泊費は同社負担。滞在中の生活費(食事など)は自己負担。
●応募締切:8月8日の24時
●詳細および申し込みは以下へ
https://farmnotecamp.farmnote-hd.com/

【タカキタ】Web実演会を開催中

2021 年 6 月 28 日

Filed under: — 前田真之介 @ 9:53 午前 イベント開催案内,ニュース

(株)タカキタは6月25日から、同社製品のWEB実演会を開催した。エサ作り関連の作業機、とくに稲わらと牧草に関する製品を中心に紹介する。

製品ページでは、作業動画とともに製品の特長を紹介。開発担当者や顧客の声などを掲載し、製品について詳しく説明する。そのほか製品に関しても随時コンテンツを追加予定。

参加費は無料で、会員登録や申し込みは不要。パソコン、タブレット、スマートフォンから誰でもアクセスできるようになっている。アンケートも実施しており、回答すると抽選で景品が当たる。

http://www.takakita-net.co.jp/

オルテックオンラインシンポジウム「ONE」開催

2021 年 5 月 17 日

Filed under: — 前田真之介 @ 11:18 午前 イベント開催案内

オルテックは6月22?24日(米国現地時間)国際オンラインシンポジウム「ONE Virtual Experience」を開催する。

今回のオンラインシンポジウムでは、畜種・トピック別フォーカスセッションのオンデマンド配信、基調講演のライブストリーム、ライブチャットを利用した質疑応答機能、参加者同士のメッセージ交換ツールなど、バーチャルでありながら多様な講演に触れ、講師や参加者との交流も持てる機会となっている。

酪農分野では以下のようなトピックが用意されている。

  • 『ネットゼロ』を目指して:ネスレ社によるより持続可能な未来創出のための方法
  • 《日本語字幕有》産褥後期から泌乳前期:移行期管理
  • ハッピーな牛・ハッピーな生産者:動物福祉と持続可能性
  • 《日本語字幕有》乳量は多く、カーボンフットプリントは少なく
  • 《日本語字幕有》世界の乳製品貿易における機会
  • 米国の酪農:環境ゴールへ向けたパートナーシップ

 

オルテックオンラインシンポジウム『ONE Virtual Experience』に関する詳細は、https://one.alltech.com/まで

「牛乳」がテーマのプログラミング作品を大募集!

2021 年 1 月 19 日

Filed under: — 前田真之介 @ 2:28 午後 イベント開催案内

(株)しくみデザインは、同社が開発するプログラミングアプリ「Springin’(スプリンギン)」にて「牛乳」をテーマにしたプログラミング作品を募集するコンテストを1月19日(火)より開催する。

「Springin’」とは、絵+音+動きなどを組み合わせ誰でも簡単にデジタル作品を作成できるプログラミングアプリ。プログラミング未経験者や、まだ読み書きのできない低年齢の子どもでも直感的にオリジナル作品を作ることができる。

同社は、「丑年」ということで、中央酪農会議とコラボし、「牛乳や牛、酪農」にまつわる作品を募集するとした。

募集期間は2021年1月19日(火)から2月2日(火)まで。「Springin’」アプリから参加可能。

キャンペーンサイトは以下からアクセスが可能

https://note.springin.org/n/n4f5fba024684

 

 

酪農学園チ・カ・ホ de マルシェ

2021 年 1 月 7 日

Filed under: — djito @ 2:24 午後 イベント開催案内

酪農学園大学 社会連携センターは2月に、札幌駅前通地下広場で「酪農学園チ・カ・ホ de マルシェ」を開催する。
当イベントは、1. 牛乳乳製品の消費拡大に寄与する、2. 乳製品をとおして同大学の取り組みや魅力をアピールする、3. 同大学卒業生の協力を得て同窓会との連携を強化する、ことを目的としたもので、卒業生が経営する企業が出店する。
●日時:2月9日(火)・10日(水)、10:30~18:30(予定)、販売品がなくなり次第終了
●出店者(予定)
・酪農学園大学(江別市)
・宇野牧場(天塩町)
・山川牧場自然牛乳(七飯町大沼)
・ジャパチーズ(旭川市)
・オホーツクファーム喜多牧場(紋別市)
・鈴の鳴る道(新冠町)
・十勝しんむら牧場(上士幌町)
・長沼あいす(長沼町)
・アンジュ・ド・フロマージュ(黒松内町)

【ウェビナー開催】菱中産業/GREEN LIGHT ×ファームノートDP共催

2020 年 12 月 1 日

Filed under: — 前田真之介 @ 4:02 午後 イベント開催案内,セミナー開催案内,セミナー開催告知

12月4日(金)、株)菱中産業と(株)ファームノートデーリィプラットフォーム(FDP)がウェビナー(オンラインセミナー)を開催する。

テーマは「GREEN LIGHTとファームノートDPが目指す酪農生産の未来」。

人間と動物の快適なライフスタイルの創造”を実現するためのソリューションブランド「GREEN LIGHT」を展開する菱中産業と、本年9月にファームノートHDが子会社として立ち上げた自社農場「FDP」が、持続可能な酪農の未来について語りあう。

ウェビナーでは、これからの酪農における自動化・省力化の位置付けや役割をはじめ、アニマルウェルフェアやワークライフバランスなどを含め、2社の描く一次産業の未来の姿についてフリートーク形式で公開。また、今回初の試みとなるオンライン懇親会も予定しており、当日のスピーカーを交えてカジュアルに対話することができる。

―――――イベント詳細―――――

●対象:酪農生産者、就農をお考えの方、学生の方々

●日時:2020年12月4日(金)19:00?21:00

●費用:無料(事前申し込み制)

●申し込み方法:下記URLから参加登録が必要

https://farmnote.jp/seminar/online-20201204.html

申込期限:2020年12月3日(木)20時

●スピーカー

・平 勇人氏(FDP/取締役・獣医師)

・西山 元輝氏(FDP/牧場事業・マネージャー)

・佐藤 浩一氏(菱中産業/執行役員・GREEN LIGHT事業統括)

●本件に関するお問合せ先】

菱中産業株式会社 執行役員 佐藤 浩一

メールアドレス:info@hishinaka.com

デジタルバージョンのユーロティア/エナジーデセントラル デジタル開催決定

2020 年 11 月 4 日

DLG e. V.(ドイツ農業協会)は2021年2月9~12日、デジタルバージョンのユーロティア/エナジーデセントラル デジタル「EuroTier/EnergyDecentral digital」を開催する。

コロナウィルスのパンデミックに関連した不安定な国際情勢の観点、および業界代表、諮問機関、およびパートナーとの協議により、DLGは2021年2月9?12日ドイツ連邦共和国ハノーバー市ハノーバー国際見本市会場にて開催を予定していた家畜生産に関する世界トップクラスのトレードフェア ユーロティア2021「EuroTier2021」、およびイノベーティブなエネルギー供給に関する国際トレードフェア エナジーデセントラル「EnergyDecentral」の物理的な開催中止を決定。デジタルバージョンのユーロティア/エナジーデセントラル デジタル「EuroTier/EnergyDecentral digital」 を2021年2月9日?12日に開催することを決定した。

「EuroTier/EnergyDecentral digital」は、出展者にデジタルビジネスパッケージによる幅広いオファー、最大限のフレキシビリティーを、来場者には広範囲のテクニカルプログラム、魅力的なネットワーキングを提供する。
DLGは2021年に畜産および分散型エネルギー供給のあらゆるトピックスをカバーする追加的なイベント、トレードフェアを企画している。

ユーロティア2020開催

2020 年 4 月 30 日

DLG e.V.(ドイツ農業協会)は、11月17~20日、ドイツ・ハノーバー市のハノーバー国際見本市会場で畜産生産に関する世界トップクラスのトレードフェアユーロティア2020「EuroTier2020」を開催する。
ユーロティアは1993年にスタート、出展規模の拡大に伴い1996年よりハノーバー国際見本市会場にて隔年開催している畜産技術および分散型エネルギーをフォーカスした国際展示会。
今回は「Farming in the Food Chian」をテーマに掲げ、61カ国から2500もの出展者が新製品・イノベーションを発表。また、4年ぶりに開催されるワールドポートリーショー(WPS)をはじめ、さまざまなトピックスをピックアップしたテクニカル・プログラムを企画している。

正しい分娩管理を体験学習「石井塾 デイリーサマーキャンプ 2020 in 北海道新得町」参加募集

2020 年 4 月 1 日

Filed under: — djito @ 9:27 午前 イベント開催案内

毎年好評の「石井塾 デイリーサマーキャンプ」が今年も8月に以下の要領で開催される。
塾長・講師は石井三都夫獣医師(石井獣医サポートサービス代表、元帯広畜産大学准教授)。
本企画は乳牛の分娩管理を実際に体験するの牧場実習であり、今年で6回目の開催。
分娩徴候の観察、分娩監視システムを利用した出産の通知や観察、分娩後の子牛の健康チェックおよび蘇生、母牛への分娩後の管理技術などを見学し、一部を実際に体験することができる。
分娩観察の合間には、分娩前後の管理や子牛の管理に関するレクチャーも予定している。
参加経験者は石井塾生として実習の補助をしてもらっている。

●開催日:8月18日(火)~24日(月)
●場所:北海道上川郡新得町 友夢牧場
●参加費および宿泊費:学生は無料、社会人は3万円(参加1日のみ5000円、宿泊費実費)
※石井塾生は参加費無料、現地までの交通費・食費は各自負担
※JR新得駅まで送迎あり
●募集人数:新規参加者先着5名まで
●連絡先:石井獣医サポートサービス
TEL 090-4878-6818
Mail:mitsuo@kme.biglobe.ne.jp

次ページへ »

Copyright (C) 2005 Dairy Japan Corporation. All Rights Reserved.