0
¥0

現在カート内に商品はございません。

乳牛管理の基礎と応用 2012年改訂版

通常価格:¥4,400 税込
¥4,400 税込
商品コード: 乳牛管理の基礎と応用 2012年改訂版
関連カテゴリ
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
わからないことが、ここに解説してあった!
――でお馴染みの「乳牛管理の基礎と応用」が6年ぶりに改訂されました。
乳牛の特質、泌乳生理、哺育と育成、牛の行動、牛舎と施設、糞尿処理、アニマルウェルフェア、バイオセキュリティ、そして牛の見方、乳検情報の見方まで、広く、深く解説しています。




■B5版  定価4,320円(税・送料込)



【もくじ】

口絵…古村 圭子
 主な乳牛の品種
 乳牛の一生

はじめに

第1章 乳牛と酪農
 第1節 日本の酪農…柏村 文郎
  1. 酪農とは
  2. 乳価
  3. 乳価決定のしくみ
  4. 世界の乳価と自由貿易
  5. 規模拡大と施設の変遷
  6. 日本酪農の課題
 第2節 世界の品種…古村 圭子
  1. 現在の乳牛とその家畜化
  2. 牛体の特徴
   (1)乳牛の外貌
   (2)乳牛の内部組織
  3. 世界と日本における牛の飼養頭数
   (1)世界の牛と乳牛の飼養頭数
   (2)世界の乳牛、水牛、山羊、羊の乳生産量
   (3)日本の乳牛飼養頭数、酪農家数、1戸当たり飼養頭数の推移
   (4)日本の生乳生産量、用途別処理量、1頭当たり年間乳量
  4. 主な乳牛の品種
   (1)英国とヨーロッパ大陸原産の乳牛
   (2)アジアとオーストラリア原産の乳牛の品種
  5. 乳牛の一生
 第3節 乳牛と環境…古村 圭子
  1. 乳牛を取り巻く環境
   (1)環境とは
   (2)環境要因
   (3)環境に対する適応反応
  2. 環境に対する乳牛の適応
   (1)温熱環境への適応
   (2)熱産生
   (3)熱放散
   (4)体温調節系
   (5)環境温度と体温、代謝量との関係
   (6)乳牛の生産性への温熱環境の影響
   (7)熱環境に対する家畜の行動
  3. 光、音などへの適応
   (1)光
   (2)音
   (3)水
   (4)空気
   (5)高海抜環境
   (6)土壌
   (7)社会的環境
   (8)生物的環境

第2章 乳牛の一生
 第1節 哺乳と育成…古村 圭子
  1. 胎子期の発育
  2. 哺乳子牛の育成管理
   (1)出生
   (2)へその緒処理
   (3)初乳給与
   (4)個体識別
   (5)代用乳
   (6)人工乳
   (7)粗飼料と飲料水
   (8)自動哺乳装置
   (9)哺乳子牛の下痢
   (10)哺乳子牛や育成牛に対する人への馴致
  3. 離乳子牛
   (1)反芻胃の発達
   (2)食道溝(第2胃溝)反射
   (3)離乳と早期離乳
   (4)子牛の発育曲線
   (5)春機発動
   (6)哺育施設
  4. 育成子牛の育成管理
   (1)発育モニターとルーメンの発育
   (2)早期受胎と早期分娩
   (3)妊娠診断
   (4)放牧育成
   (5)育成牛の保有必要頭数(更新牛頭数)
   (6)哺乳牛と育成牛の個体管理および群管理
   (7)育成牛の疾病
 第2節 泌乳と乾乳…古村 圭子
  1. 乳腺発育(胎子期、哺乳と育成期、妊娠期、乾乳期、血管と神経系、内分泌生理)
   (1)乳房の構造と乳腺組織、脈管系、乳房浮腫
   (2)乳腺の発育と退行
   (3)乳腺発育および機能を制御するホルモン群
   (4)乳腺の発達および泌乳に対するホルモン投与の影響
  2. 搾乳の生理と乳量
   (1)搾乳の生理
   (2)効果的な搾乳方法
   (3)多頻回搾乳
   (4)搾乳機械とミルキングパーラー
   (5)搾乳中に起こる問題と対策
  3. 乳量増加戦略
   (1)遺伝の影響
   (2)泌乳段階による変化
   (3)乾乳期間の影響
   (4)妊娠の影響
   (5)年齢と体重の影響
   (6)環境と季節分娩の影響
   (7)飼料成分および飼料給与の影響
  4. 乳合成
   (1)乳牛における泌乳開始
   (2)乳汁合成
   (3)乳房における血液循環量
   (4)牛乳の一般成分
   (5)消化産物と乳成分の血液中前駆物質
   (6)乳脂肪の合成と分泌
   (7)乳蛋白質の合成と分泌
   (8)乳糖の合成と分泌
   (9)血液中から移行する成分
  5. 乾乳牛
   (1)乾乳方法
   (2)移行期管理
   (3)乾乳期のボディコンディション・スコア
   (4)乾乳牛のミネラル代謝と疾病
   (5)乳牛の分娩
 第3節 乳房炎とその防除…古村 圭子
  1. 乳房炎の定義と種類
   (1)乳房炎とは何か?
   (2)さまざまな種類の乳房炎とその定義
   (3)乳中体細胞数とは何か?
   (4)乳中体細胞数測定法
   (5)臨床型乳房炎の発生率
   (6)乳房炎による損失
  2. 乳房炎起因菌とその分類
   (1)主な伝染性乳房炎起因菌
   (2)主な環境性乳房炎起因菌
   (3)その他の主な乳房炎起因菌
  3. 乳房炎の進行
   (1)病原菌の侵入
   (2)乳房内感染
   (3)乳房内組織の反応
   (4)細菌類による感染の違い
  4. 未経産牛乳房炎
   (1)未経産牛乳房炎とは?
   (2)未経産牛乳房炎の症状
   (3)未経産牛乳房炎の誘引
  5. 個体レベルでの乳房炎の発見と診断(乳汁検査法)
   (1)触診による検査
   (2)ストリップカップ法(黒布法)
   (3)CMT法とPLテスター(CMT変

カテゴリ一覧

ページトップへ