現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

酪農の基礎応用

  • オススメ

乳牛管理の基礎と応用 2012年改訂版

商品コード:
乳牛管理の基礎と応用 2012年改訂版
税込販売価格:
4,320 円
通常価格:
4,320 円
ポイント:
216 Pt
個  数

カゴに入れる

わからないことが、ここに解説してあった!
――でお馴染みの「乳牛管理の基礎と応用」が6年ぶりに改訂されました。
乳牛の特質、泌乳生理、哺育と育成、牛の行動、牛舎と施設、糞尿処理、アニマルウェルフェア、バイオセキュリティ、そして牛の見方、乳検情報の見方まで、広く、深く解説しています。




■B5版  定価4,320円(税・送料込)



【もくじ】

口絵…古村 圭子
 主な乳牛の品種
 乳牛の一生

はじめに

第1章 乳牛と酪農
 第1節 日本の酪農…柏村 文郎
  1. 酪農とは
  2. 乳価
  3. 乳価決定のしくみ
  4. 世界の乳価と自由貿易
  5. 規模拡大と施設の変遷
  6. 日本酪農の課題
 第2節 世界の品種…古村 圭子
  1. 現在の乳牛とその家畜化
  2. 牛体の特徴
   (1)乳牛の外貌
   (2)乳牛の内部組織
  3. 世界と日本における牛の飼養頭数
   (1)世界の牛と乳牛の飼養頭数
   (2)世界の乳牛、水牛、山羊、羊の乳生産量
   (3)日本の乳牛飼養頭数、酪農家数、1戸当たり飼養頭数の推移
   (4)日本の生乳生産量、用途別処理量、1頭当たり年間乳量
  4. 主な乳牛の品種
   (1)英国とヨーロッパ大陸原産の乳牛
   (2)アジアとオーストラリア原産の乳牛の品種
  5. 乳牛の一生
 第3節 乳牛と環境…古村 圭子
  1. 乳牛を取り巻く環境
   (1)環境とは
   (2)環境要因
   (3)環境に対する適応反応
  2. 環境に対する乳牛の適応
   (1)温熱環境への適応
   (2)熱産生
   (3)熱放散
   (4)体温調節系
   (5)環境温度と体温、代謝量との関係
   (6)乳牛の生産性への温熱環境の影響
   (7)熱環境に対する家畜の行動
  3. 光、音などへの適応
   (1)光
   (2)音
   (3)水
   (4)空気
   (5)高海抜環境
   (6)土壌
   (7)社会的環境
   (8)生物的環境

第2章 乳牛の一生
 第1節 哺乳と育成…古村 圭子
  1. 胎子期の発育
  2. 哺乳子牛の育成管理
   (1)出生
   (2)へその緒処理
   (3)初乳給与
   (4)個体識別
   (5)代用乳
   (6)人工乳
   (7)粗飼料と飲料水
   (8)自動哺乳装置
   (9)哺乳子牛の下痢
   (10)哺乳子牛や育成牛に対する人への馴致
  3. 離乳子牛
   (1)反芻胃の発達
   (2)食道溝(第2胃溝)反射
   (3)離乳と早期離乳
   (4)子牛の発育曲線
   (5)春機発動
   (6)哺育施設
  4. 育成子牛の育成管理
   (1)発育モニターとルーメンの発育
   (2)早期受胎と早期分娩
   (3)妊娠診断
   (4)放牧育成
   (5)育成牛の保有必要頭数(更新牛頭数)
   (6)哺乳牛と育成牛の個体管理および群管理
   (7)育成牛の疾病
 第2節 泌乳と乾乳…古村 圭子
  1. 乳腺発育(胎子期、哺乳と育成期、妊娠期、乾乳期、血管と神経系、内分泌生理)
   (1)乳房の構造と乳腺組織、脈管系、乳房浮腫
   (2)乳腺の発育と退行
   (3)乳腺発育および機能を制御するホルモン群
   (4)乳腺の発達および泌乳に対するホルモン投与の影響
  2. 搾乳の生理と乳量
   (1)搾乳の生理
   (2)効果的な搾乳方法
   (3)多頻回搾乳
   (4)搾乳機械とミルキングパーラー
   (5)搾乳中に起こる問題と対策
  3. 乳量増加戦略
   (1)遺伝の影響
   (2)泌乳段階による変化
   (3)乾乳期間の影響
   (4)妊娠の影響
   (5)年齢と体重の影響
   (6)環境と季節分娩の影響
   (7)飼料成分および飼料給与の影響
  4. 乳合成
   (1)乳牛における泌乳開始
   (2)乳汁合成
   (3)乳房における血液循環量
   (4)牛乳の一般成分
   (5)消化産物と乳成分の血液中前駆物質
   (6)乳脂肪の合成と分泌
   (7)乳蛋白質の合成と分泌
   (8)乳糖の合成と分泌
   (9)血液中から移行する成分
  5. 乾乳牛
   (1)乾乳方法
   (2)移行期管理
   (3)乾乳期のボディコンディション・スコア
   (4)乾乳牛のミネラル代謝と疾病
   (5)乳牛の分娩
 第3節 乳房炎とその防除…古村 圭子
  1. 乳房炎の定義と種類
   (1)乳房炎とは何か?
   (2)さまざまな種類の乳房炎とその定義
   (3)乳中体細胞数とは何か?
   (4)乳中体細胞数測定法
   (5)臨床型乳房炎の発生率
   (6)乳房炎による損失
  2. 乳房炎起因菌とその分類
   (1)主な伝染性乳房炎起因菌
   (2)主な環境性乳房炎起因菌
   (3)その他の主な乳房炎起因菌
  3. 乳房炎の進行
   (1)病原菌の侵入
   (2)乳房内感染
   (3)乳房内組織の反応
   (4)細菌類による感染の違い
  4. 未経産牛乳房炎
   (1)未経産牛乳房炎とは?
   (2)未経産牛乳房炎の症状
   (3)未経産牛乳房炎の誘引
  5. 個体レベルでの乳房炎の発見と診断(乳汁検査法)
   (1)触診による検査
   (2)ストリップカップ法(黒布法)
   (3)CMT法とPLテスター(CMT変法)
   (4)電気伝導度値
  6. 乳房炎発症の要因
   (1)牛側要因
   (2)管理と環境要因
  7. 乳房炎に対する免疫力強化
   (1)自然免疫力
   (2)乳中白血球
   (3)抗体
   (4)乾乳期における防御機構
   (5)栄養
  8. 乳房炎の防除対策
 第4節 飼料と飼料給与…柏村 文郎
  1. 乳牛の飼料と飼料給与
  2. 飼料成分分画の変遷
  3. 飼料のエネルギーと蛋白質
   (1)エネルギー
   (2)蛋白質
  4. 乾物摂取量(DMI)
  5. 泌乳ステージに伴う乳量、体重、乾物摂取量の変化
  6. ボディコンディション・スコア(BCS)
  7. 飼料設計と群管理
   (1)リードフィーディングとチャレンジフィーディング
   (2)フェーズフィーディング
  8. TMRの飼料設計
  9. 搾乳ロボットの飼料設計

第3章 乳牛の繁殖管理…松井 基純
  1. 春機発動と性成熟
  2. 繁殖供用開始適齢
  3. 発情周期
  4. 発情周期に伴う生殖関連ホルモンの変化
  5. 発情周期に伴う生殖器の変化
   (1)卵巣の変化
   (2)子宮および膣の変化
  6. 発情および排卵
  7. 受精
  8. 受胎(着床)
  9. 妊娠
  10. 分娩
   (1)分娩発来の機序
   (2)分娩の経過
  11. 繁殖管理技術
   (1)発情発見
   (2)行動観察
   (3)外部徴候
   (4)臨床検査
  12. 人工授精
   (1)授精適期
   (2)ホルモン処置による人工授精
  13. 人工授精技術
   (1)精液の取り扱い
   (2)精液の注入
   (3)授精時の衛生
  14. 妊娠診断
   (1)直腸検査法
   (2)超音波画像診断法
  15. 分娩管理
   (1)分娩の予知
   (2)分娩介助
  16. 新生子管理
  17. 繁殖障害
   (1)発情の異常
   (2)卵巣および子宮の異常
   (3)受胎および妊娠期の異常
   (4)周産期の異常

第4章 乳牛の行動…柏村 文郎
 第1節 乳牛の行動と心理
  1. なぜ乳牛の行動について学ぶのか
  2. 各行動に費やす時間
  3. 動物の学習タイプ
   (1)古典的条件付け(条件反射)
   (2)オペラント学習(試行錯誤)
  4. 動物行動学研究の歴史
 第2節 乳牛の摂食行動と飼料給与
  1. 摂食行動
  2. 放牧時の食草行動
  3. 給餌と摂食行動
  4. 給餌施設
  5. 季節と摂食行動
  6. 反芻
  7. 飲水
 第3節 休息、運動、排泄行動
  1. カウ・コンフォート
  2. 横臥行動とストール
  3. 横臥姿勢
  4. 横臥動作と起立動作
  5. 牛の睡眠
  6. 牛の歩行運動
  7. 蹄の管理
  8. 排糞と排尿
 第4節 社会行動と牛群管理
  1. 個体管理と群管理
  2. 再野生牛の社会
  3. 先導・後続関係
  4. 搾乳室進入順位
  5. 敵対行動と優劣関係
  6. 敵対行動と優劣関係の考え方
  7. 親和行動
  8. 発情行動と発情発見
  9. そのほかの社会行動
 第5節 牛の行動特性と作業事故
  1. 牛はなぜ人を蹴るのか
  2. 牛の追い方と引き方
   (1)牛の追い方
   (2)牛の引き方
   (3)家畜運搬車への乗せ方
   (4)牛の保定施設
   (5)搾乳時および畜舎清掃時の事故対策

第5章 牛舎と施設…堂腰 顕
 第1節 哺育牛と育成牛の施設
  1. 哺育牛の施設
   (1)個別哺育施設
   (2)集団哺育施設
  2. 育成牛の施設
   (1)群分け
   (2)育成牛の体格の変化
   (3)休息場所
   (4)採食場所
   (5)給水器
   (6)通路
   (7)換気構造
   (8)牛舎レイアウト
 第2節 搾乳牛の施設
  1. フリーストール牛舎
   (1)牛床構造
   (2)飼槽構造
   (3)給水器
   (4)通路
   (5)フリーストール牛舎のレイアウト
  2. タイストール牛舎(繋ぎ牛舎)
   (1)タイストール牛舎の牛床構造
   (2)タイストール牛舎のレイアウト
 第3節 乾乳牛の施設
  1. 乾乳牛舎
  2. 分娩房
  3. 牛舎レイアウト
 第4節 換気構造
  1. 自然換気
   (1)換気の仕組み
   (2)屋根(棟)構造
   (3)牛舎側面(軒)の構造
   (4)妻面構造
  2. 機械換気

第6章 農場での糞尿処理
 第1節 日本の畜産環境…宮竹 史仁
  1. 家畜排せつ物の取り扱い
  2. 家畜糞尿の排出量
  3. 家畜糞尿の処理方法
 第2節 堆肥化技術…宮竹 史仁
  1. 堆肥化の意義と目的
   (1)堆肥化の意義
   (2)堆肥化の目的
  2. 良質な堆肥の製造条件
   (1)栄養分
   (2)水分
   (3)空気(酸素)
   (4)微生物
   (5)温度
   (6)時間
  3. 堆肥化方式
   (1)堆積方式
   (2)撹拌方式
  4. 堆肥の肥料成分
 第3節 スラリー処理…宮竹 史仁
  1. スラリーの性状
  2. スラリー処理
   (1)嫌気性処理
   (2)好気性処理
 第4節 メタン発酵…梅津 一孝
  1. メタン発酵とバイオガスプラント
  2. メタン発酵の条件
   (1)嫌気条件
   (2)発酵温度
  3. 原料の性状と投入方法
   (1)原料と性状
   (2)投入方法
  4. 発酵槽
   (1)発酵槽の形式
   (2)発酵槽内の撹拌
  5. ガス精製と貯留
   (1)ガス精製
   (2)ガス貯留
  6. バイオガスの利用
  7. 発酵消化液の利用
   (1)メタン発酵消化液の肥料成分とその特性
   (2)施用方法

第7章 アニマルウェルフェア(家畜福祉)…瀬尾 哲也
  1. アニマルウェルフェア(家畜福祉)の考え方
  2. アニマルウェルフェアに関する動向
   (1)欧米の動向
   (2)国内の動向
   (3)日本型アニマルウェルフェア評価法
  3. ストレス状態で認められる牛の行動
   (1)子牛の吸引、相互吸引、柵かじり
   (2)舌遊び行動
   (3)犬座姿勢
  4. カウ・コンフォート
  5. 管理者と牛との関係
  6. これからのアニマルウェルフェア

第8章 農場のバイオセキュリティ…木田 克弥
  1. バイオセキュリティとは
  2. 侵入を防止すべき重要な疾病
   (1)口蹄疫
   (2)ヨーネ病
   (3)牛白血病
   (4)サルモネラ症
   (5)牛ウイルス性下痢・粘膜病
   (6)ネオスポラ感染症
   (7)クリプトスポリジウム症、コクシジウム症
   (8)イボ状趾皮膚炎
   (9)呼吸器病
  3. 飼養衛生管理基準に基づいた酪農現場における衛生対策
   (1)家畜防疫に関連する最新情報の確認
   (2)衛生管理区域の設定
   (3)衛生管理区域における衛生対策
   (4)衛生管理区域における病原体の侵入、拡散、持ち出し防止対策
   (5)飼育牛の健康管理と飼育環境の衛生対策
   (6)そのほかの防疫対策

第9章 牛の見方と乳検情報の見方
 第1節 乳牛の見方(体型評価)…藤澤 義美
  1. 乳牛改良と体型審査
  2. 標準体型(理想体型)
  3. 牛体各部の名称
  4. 審査標準に決定得点(配点表)
   (1)体貌と骨格
   (2)肢蹄
   (3)乳用強健性
   (4)乳器
  5. 線形評価法と評価形質
  6. 審査情報とその活用
  7. NTP(総合指数)
 第2節 乳検情報の見方…増田 豊
  1. 乳検(牛群検定)の仕組み
   (1)乳検の意義と目的
   (2)乳検への加入と普及率
   (3)乳検組織とデータの流れ
  2. 乳検情報の種類と提供手段
  3. 乳検情報の見方
   (1)検定成績表
   (2)検定終了通知書
   (3)年間検定成績書あるいは検定成績集計表
   (4)牛群改良情報譋

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

オススメ商品

乳牛栄養学の基礎と応用

乳牛栄養学の基礎と応用

税込価格: 4,937 円

きめ細かい指導のために手元に置きたい「基礎から学べる専門書」

新版 酪農用語解説 第2版

新版 酪農用語解説 第2版

税込価格: 5,143 円

CD-ROM付きでさらに充実!「和英辞書」としても使えます。

このページのTOPへ
Copyright (C) 2005 Dairy Japan Corporation. All Rights Reserved.