現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

酪農の基礎応用

  • オススメ

乳房炎の防除―乳質向上と免疫力アップ【2012年2月増刊号】

商品コード:
乳房炎の防除―乳質向上と免疫力アップ【2012年2月増刊号】
税込販売価格:
3,909 円
通常価格:
3,909 円
ポイント:
0 Pt
個  数

カゴに入れる

■B5判/150頁


多岐にわたる乳房炎の原因をさぐり、その問題点を一つ一つ的確に解決していくための方法と、乳房炎研究の成果と方向を、すべての酪農家・酪農関係者に向けて解説しました。
着実に研究が進み、乳房炎治療へのプロトコルが前進している成果を、お仕事にお役立てください。


《もくじ》


【1章】乳質の向上を目指して
(1)わが国における生乳の品質管理体制と検査体制
1.はじめに
2.生乳検査の内容(規格について)
3.成分検査について
4.細菌数・体細胞数測定法について
(2)バルク乳からの乳質改善
1.バルク乳細菌検査から検出する菌
 1.生菌:目標値<2000CFU/ml
 2.伝染性乳房炎菌
 3.環境性乳房炎菌
 4.耐熱性菌数:目標値<50CFU/ml
2.バルク乳細菌検査結果からの改善
 1.搾乳衛生の改善
 2.牛群の環境改善
 3.継続的なバルク細菌検査
3.まとめ
(3)定期的バルク乳スクリーニング検査を利用した乳質向上と乳房炎対策
1.組織による定期的なバルク乳スクリーニング検査実施の経緯
2.サンプリングおよびサンプル・データの収集と配布
3.送付される結果
4.乳質指導での留意事項
5.乳房炎への対応
6.乳房炎以外への対応
7.バルク乳スクリーニング検査実施後の成績
(4)農家調査を基にした乳質改善のための指導・支援
1.体細胞数が少ない牧場の特徴
 1.肥り過ぎ・痩せ過ぎの牛が少ない
 2.牛舎内がきれい
3.早めにミルカーを外す
4.パイプラインが太い
5.搾乳時にゴム手袋を着用している
2.乳房炎予防のための指導・支援
 1.健康な乳牛をつくること
 2.乳腺や乳頭を傷めないこと
 3.細菌への暴路機会を減らすこと
3.福岡県の新たな取り組み


【2章】乳房炎防除へのチャレンジ
(1)乳房炎の原因菌を酪農場に入れないために
1.はじめに
2.問題となる病原体
3.酪農場での事例
 1.泌乳牛の導入により黄色ブドウ球菌による乳房炎が牛群内に確認された
 2.自家育成の初産牛を搾乳牛群に移した後、牛群内にマイコプラズマ性乳房炎が広がった
 3.外部からの導入牛により牛群内にマイコプラズマ性乳房炎が広がった
4.伝染性乳房炎病原体の検出と対応
5.防疫を理解する
6.乳房炎原因菌を牛群内へ「持ち込まない」ために
 1.導入牛は必ず乳汁の検査を行なう
7.おわりに
(2)HACCPの考え方を取り入れた乳房炎防除管理プログラム
1.はじめに
2.乳房炎防除管理プログラムの手法
 1.プログラムの基本的な考え方
3.乳房炎防除管理プログラムの成果(A農場の場合)
4.乳房炎防除管理プログラムの効果の再現性
5.乳房炎防除管理プログラムの有用性の評価
(3)オンファームカルチャーの有効性
1.はじめに
2.原因菌別による乳房炎の分類
3.オンファームカルチャー(One Farm Culture)
 1.オンファームカルチャーを効果的に実施するための乳房炎スコア
 2.オンファームカルチャーによる治療の遅れの影響
 3.オンファームカルチャーの実際
 4.原因菌の診断
 5.治療プロトコルの重要性
4.まとめ
(4)新しく開発した乳房炎防除技術:乳頭清拭装置の有効性
1.乳頭清拭の目的
2.乳頭清拭と乳房炎感染
3.乳頭清拭装置のねらい
4.乳頭清拭装置(ミルキングパーラー用)の概要
5.清拭装置の使用方法
6.清拭装置の除菌性能
7.調査事例から見る乳頭清拭装置の有用性
 1.乳頭清拭作業
 2.清拭作業の汚れ除菌効果
 3.バルク乳生菌数・体細胞数
 4.乳房炎新規感染率
 5.作業性
8.おわりに
(5)北海道における乳房炎および搾乳衛生の研究
1.乳房炎研究
 1.黄色ブドウ球菌性乳房炎の防除法に関する研究
 2.サイトカインによる牛の免疫機能増強法に関する研究
 3.牛マイコプラズマ性乳房炎の感染実態の解明と防除対策
2.搾乳衛生研究
 1.プレディッピングの牛乳房炎予防効果に関する研究
 2.乳頭清拭装置に関する研究
(6)乳房炎コントロール:乾乳期におけるラクトフェリンの重要性
1.はじめに
2.乾乳期の乳房炎対策の現状
 1.乳房内感染予防のための抗菌剤
 2.乳房内感染防止のための乾乳期用乳頭管シールド剤
 3.乳房炎予防のための乳房炎ワクチン
3.ラクトフェリン:乾乳期乳腺における重要な生体防御因子
 1.乾乳期の乳腺に特徴的な乳腺免疫
 2.ラクトフェリンの抗菌作用
 3.ラクトフェリンの免疫活性化作用
4.ラクトフェリンによる分娩直後の乳房炎コントロール
 1.乾乳早期のラクトフェリン投与
 2.ラクトフェリンの有用性
(7)現場レポート:廃棄乳なしで、バルク乳の体細胞数20万/ml
1.はじめに
2.今牧場の酪農経営状況
3.今牧場の飼養管理哲学
4.病気の発生状況
5.平成18年に体細胞が急激に増加
6.今牧場の乳房炎対策
7.乳質改善と乳房炎予防効果
8.まとめ


【3章】牛の免疫力アップ
(1)牛の免疫の基礎
1.はじめに
2.自然免疫に関わる細胞群
3.獲得免疫に関わる細胞群
4.免疫のしくみ
5.ウシT細胞サブセット
6.おわりに
(2)乳房における感染防除機構の働き
1.はじめに
2.乳腺と言う粘膜組織
3.乳房に侵入してきた菌は、自然免疫で太刀打ち!
4.乳中の体細胞数が増える仕組み
5.おわりに
(3)牛の免疫力を左右する要因
1.はじめに
2.免疫機能を評価するための指標
3.泌乳期の暑熱ストレス負荷に伴う免疫応答
4.搾乳方式変換時の暑熱ストレス負荷に伴う免疫応答
 1.常温環境下での搾乳方式変換
 2.暑熱環境下での搾乳方式変換
5.分娩前後の免疫応答
6.おわりに
(4)サイトカインによる免疫賦活で乳房炎を治療
1.乳房炎の現状
2.現在の乳房炎治療
3.サイトカインとは
4.サイトカインによる乳房炎治療のねらい
5.サイトカインによる乳房炎治療試験
6.今後の研究展開


【4章】今後の乳房炎対策の潮流
(1)乳房炎による損失と発症の要因
1.乳房炎による経済損失は甚大!
2.乳房炎発生に影響する要因は?
3.世界の乳房炎研究の潮流
おわりに

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

このページのTOPへ
Copyright (C) 2005 Dairy Japan Corporation. All Rights Reserved.