現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

牛乳・消費拡大

  • 残りわずか

ミルクの本2011―今の日本の酪農乳業に必要なこと―【2011年6月増刊号】

商品コード:
ミルクの本2011―今の日本の酪農乳業に必要なこと―
税込販売価格:
3,909 円
通常価格:
3,909 円
ポイント:
0 Pt
個  数

カゴに入れる

口蹄疫・大震災の被害を経た今、牛乳の消費喚起・酪農乳業の構造のあり方が、根本的に問われています。現在の牛乳にまつわる業界や消費構造の変化を分析し、次世代の牛乳産業に向けた諸問題を、さまざまな角度から探る今年の「ミルクの本」です。酪農家の皆さま、酪農乳業界の皆さま、ぜひご一読を。




第1章 消費のトレンドを読む
1.2010年4月から11年3月の牛乳・酪農トピックス
2.2011年度の予算と消費の現状を見る
 2011年度の酪農乳業予算、年次別消費統計グラフ、世界の流れを概観する


第2章 消費を喚起する
1.ミルクサイエンスの面白さ
2.消費者に“ありがとう”と言わせる牛乳の届け方
3.牛乳を飲む年齢層による「好みの違い」
4.食ブランドと地域:「顔の見える関係」のために
5.みんなに伝えたい「牛乳・乳製品」の基本知識


第3章 牛乳・乳製品と食産業の動きを知る
1.牛乳消費を喚起する4つの視点
2.アジアの中で、日本の食企業はどう生き残るか?
3.牛乳・乳製品の普及と今日的な課題


第4章 世界の中で国内生産の力をつける
1.「新・酪肉近」の精神とその骨子~貿易関係の変化の中で~
2.乳価形成の仕組みをやさしく解説する
3.現行の乳価システムと、未来への展望~国際化の中で~

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

このページのTOPへ
Copyright (C) 2005 Dairy Japan Corporation. All Rights Reserved.