現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

酪農の基礎応用

牛の習性を理解して技術で分娩前後をのりきる

商品コード:
牛の習性を理解して技術で分娩前後をのりきる
税込販売価格:
3,909 円
通常価格:
3,909 円
ポイント:
195 Pt
個  数

カゴに入れる

 ここ数年、わが国の酪農業界は、一農場当たりの飼養頭数が増え、大型の施設や最新の機器が導入され、表面上は近代的になりました。しかし、作業システムやコンピュータ機器などの環境変化に、人間の管理能力が追いついているのでしょうか。発情を発見する能力、体調を見極める眼力、疾病を未然に防止する管理…などの低下が懸念されます。
 現場で支援していますと、技術や作業の着眼点が誤っているのでは、と感じるときがあります。乳牛は自然界で生きる動物であり、人からではなく、牛からの発想が求められています。また、一乳期のなかで劇的に変化するのは分娩前後で、その管理がポイントになると思います。
 本書は、牛と接している農業者の言葉を大切にデータ収集・分析、上から目線ではなく、農業者が実践可能な技術の組み立てをしました。とくに、写真や図表の8割は過去5年間に著者が足で集めた貴重なものと考えています。
 今後、酪農の経営形態は多様化すると思いますが、どのような方向へ進んでも、牛飼いの根本は同じです。農業者、普及員、獣医師、農協担当者、農業関係者…みなさまの参考になれば幸いです。
~著者より~

《もくじ》
第1章 牛の習性
1 牛はルーメンが大きく反芻する生き物だ
2 牛はとってもきれい好きな生き物だ
3 牛は個ではなく群で生活する生き物だ
4 牛は少しずつ食べ続ける生き物だ
5 牛は清潔な水を腹一杯飲む生き物だ
6 牛は草の上をかなりの距離歩く生き物だ
7 牛は臆病で慎重な生き物だ
第2章 乾乳期の管理
1 乳期のスタートは泌乳でなく乾乳期だ
2 乾乳管理を徹底して周産期病を低減する
3 乾乳期のカルシウムをコントロールする
第3章 分娩時の管理
1 分娩日時を見極めて適切な管理をする
2 分娩時の難産、双子のリスクを下げる
3 健康な子牛は健康な母体からだ
第4章 産褥期の管理
1 産褥期の飼料充足と管理を高める
2 発情の牛を特定して見逃すな
3 スムーズな分娩で初回授精を早くする
第5章 移行期の管理
1 嗜好性の高い繊維源が必要だ
2 暑熱をいかにやわらげるかだ
3 初産牛の分娩前後をスムーズにする
4 馴致してストレスを低下させる
5 高産次牛は細かな配慮が必要だ
第6章 動きと乳のチェック
1 食べ方から選び喰いをチェックする
2 飼料給与は泌乳曲線でチェックする
3 体脂肪動員は乳脂率でチェックする
4 肝臓機能は乳糖率でチェックする
5 エネルギーは乳タンパク質率でチェックする
第7章 管理者のスタンス
1 目標を明確にして曖昧さをなくす
2 観察と管理は生産に直結する
3 今後、牛ではなく人的要素を高める


※本書はDairy Japan 2007年2月号~2010年6月号の連載「実際に牛を飼って肌で感じました」から抜粋、改稿、さらに新稿を盛り込んだものです。

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

このページのTOPへ
Copyright (C) 2005 Dairy Japan Corporation. All Rights Reserved.