現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

牛乳・消費拡大

  • 残りわずか

ミルクの本~その価値を伝えるために~【2009年6月増刊号】

商品コード:
ミルクの本
税込販売価格:
3,909 円
通常価格:
3,909 円
ポイント:
0 Pt
個  数

カゴに入れる

筆者一覧(敬称略)

第1章 伊藤 敞敏(東北大学名誉教授)
第2章 上西 一弘(女子栄養大学栄養学部教授)
第3章 清水  誠(東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部教授)
第4章 金丸 義敬(岐阜大学応用生物科学部教授)
第5章 阿久澤良造(日本獣医生命科学大学応用生命科学部教授)
第6章 仁木 良哉(北海道大学名誉教授・酪農学園大学特任教授)
第7章 前田 浩史(社団法人中央酪農会議事務局長)
第8章 鈴木 宣弘(東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部教授)
第9章 平岡 祥孝(札幌大谷大学短期大学部教授)


もくじ


第1章 乳は食糧として作り出される唯一の天然物――伊藤 敞敏 9
 1 牛乳は単なる一つの食材ではない 10
 2 乳は赤ん坊にとっては完全食 10
 3 大人が乳を飲むことによる唯一の不便 12
 4 牛乳が食材として優れているのはどこなのか 4
  1 牛乳は全ての栄養素を含んでいるから価値がある
  2 主タンパク質のカゼインは優れた機能性タンパク質
  3 牛乳のコレステロールは心配か
  4 カルシウムは特別に価値のあるミネラル
  5 ビタミンの種類も豊富
 5 牛乳が健康上有害だというのは本当なのか 15

第2章 牛乳の栄養と人への健康・貢献―――――――上西 一弘
 1 はじめに
 2 幼児に対する牛乳の健康貢献
 3 成長期における牛乳の健康貢献
 4 成人期の牛乳摂取と健康貢献
 5 牛乳摂取による抗肥満効果、メタボリックシンドローム抑制効果
 6 閉経期の女性における牛乳の健康効果
 7 高齢期における牛乳摂取の健康効果

第3章 牛乳栄養の基本と機能性――――――――――清水  誠 29
 1 はじめに 30
 2 牛乳の成分 30
  1 糖質 
  2 タンパク質
  3 脂質
  4 ミネラル
 3 牛乳中の機能性成分 35
 4 牛乳の問題点 37
 5 牛乳という食品の考え方 39

第4章 牛乳タンパク質の生体防御機能―――――――金丸 義敬
 1 乳から食べものとしての自然の知恵を学ぶ
2 牛乳の役割
3 牛乳タンパク質の機能
4 人間の病気に対する牛乳ホエイタンパク質の効果を確かめる
1 ウイルス感染の予防
1)牛乳抗体の働き
2)抗体以外の他の牛乳タンパク質の働き
3)感染からの回復促進
2 ウイルス感染とは別の病気に対する牛乳タンパク質の生体防御作用
1)抗がん作用
2)抗潰瘍作用
5 終わりに

第5章 牛乳のおいしさと、その決め手―――――――阿久澤 良造
 1 おいしさと嗜好性
 2 乳組成と風味
  1 「味」と乳成分
  2 「匂い」と乳成分
  3 「テクスチャー」と乳成分
 3 牛乳風味の形成
  1 生乳生産と風味
1)牛の健康と生乳風味
2)飼育管理と風味
3)生乳の扱いと風味
  2 加工法と風味
1)均質化と風味
2)殺菌と風味
 4 おわりに

第6章 牛乳に対する不当な評価―――――――――――仁木 良哉
 1 乳成分に関連する不当評価
 2 加熱処理に関わる不当評価
 3 今こそ誤った情報の払拭を!

第7章 酪農教育ファーム活動と酪農の価値――――――前田 浩史
 1 酪農に対する社会的な価値を高めるために
 2 「場」と「人」がいて初めて成立する
 3 酪農体験を通して食といのちの学びを支援する
 4 知識と意識を組み合わせた形で提起していく
 5 牧場体験を「振り返る」ことで学習が深まる
 6 酪農教育ファームの三つの役割
 7 牧場は乳牛と酪農家が共存する世界

第8章 酪農乳業が今、解決すべき課題 -未来のために- 鈴木 宣弘
 1 国内の飼料資源の最大活用と安定的な輸入の確保
 2 さらなる国際化の進展への準備
 3 窒素収支の改善
 4 本物の品質
 5 消費者との絆を強化する個の創意工夫と組織力
 6 補給金等の経営安定対策のあり方

第9章 牛乳の消費拡大に向けて――――――――――――平岡 祥孝
 1 英国を見れば日本が見える
 2 ライフスタイルの変貌と牛乳マーケティングのあり方
 3 牛乳消費拡大への提案
 4 商品開発
 5 アライアンスとネットワークの時代

  Milk memo1 生乳から作られる牛乳乳製品
  Milk memo2 全国の集乳路線別乳脂肪率と無脂固形分率
  Milk memo3 全国にある牛乳工場、乳製品工場の数
  Milk memo4 全国の生乳、牛乳、乳飲料、チーズ、クリーム生産量
  Milk memo5 牛乳乳製品の期限表示の意味
  Milk memo6 栄養コストから見た牛乳の価値

この商品に対するお客様の声

新規コメントを書き込む

このページのTOPへ
Copyright (C) 2005 Dairy Japan Corporation. All Rights Reserved.