酪農乳業イベント情報
  8月7日
29年度「生産獣医療技術研修」募集 帯広畜産大学

予定表 -詳細情報-

件名 29年度「生産獣医療技術研修」募集 帯広畜産大学
開始日時 2017年 8月 7日 (月曜日)   9時00分 (GMT+09:00)
終了日時 2017年 9月 1日 (金曜日)   17時00分 (GMT+09:00)
場所 帯広畜産大学 畜産フィールド科学センター
連絡先 下記参照
詳細  帯広畜産大学は「生産獣医療技術研修」を以下の日程で開催する。

■期間:
 基礎コース=2017年8月7日~11日、
 発展コース=2017年8月28日~9月1日

■場所:
 帯広畜産大学 畜産フィールド科学センター

■募集人数:
 基礎コース=牛群検診未経験の産業動物臨床獣医師(20~40名程度)
 発展コース=同経験を有する産業動物臨床獣医師(20名程度)

■研修内容:
 【基礎コース(牛群検診の基本技術)】
  乳牛の飼料・栄養に関する用語解説、飼料品質鑑定法、アニマルウェルフェアとカウコンフォート、乳検データの見方と活用、飼料給与診断と飼料設計(CNCPS)・BCS・RFSの評価と活用、牛群検診・代謝プロファイルテストの原理と活用、牛群検診結果の説明、総合質疑
 【発展コース(牛群検診の実践技術)】
  乳検データの評価、事例演習:牛群検診の準備から指導まで、貯蔵飼料の品質鑑定、飼料給与診断と飼料設計、牛群検診現地実習、飼料給与診断と飼料設計(CNCPS/AMTS)、代謝プロファイルテストの診断、牧草の特徴と見分け方、乳牛疾病と酪農経営、農家への結果説明と指導の実際、事例発表会、総合質疑
 【フォローアップ研修】
  希望者には「フォローアップ研修」あり。「フォローアップ研修」とは、集合研修終了後に受講者自身が地元で牛群検診を実施し、血液サンプルを大学に送付して分析、返送される検査結果を受講者自身が診断してメールで大学に送付、それを添削することで、牛群検診スキルの確実な習得を目指すもの。

■受講料:
 4万円(集合研修の教材費)または7万7500円(フォローアップ希望者、集合研修の教材費+フォローアップ研修の血液検査料)

■問い合わせ:
 《研修内容に関すること》
  帯広畜産大学 畜産フィールド科学センター 教授 木田克弥
  TEL 0155-49-5652 FAX 0155-49-5654 E-mail:kidak@obihiro.ac.jp
 《受付に関すること》
  帯広畜産大学 国際・地域連携課 小島
  TEL 0155-49-5776 FAX 0155-49-5289 E-mail:syogai@obihiro.ac.jp

■申し込み方
 ホームページ(http://www.obihiro.ac.jp/~fcasa/extension.html)の「受講申込書」で。

■申込期限:
 2017年7月7日
カテゴリー 酪農セミナー
投稿者 djadmin
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2017年 5月 16日 (火曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
piCal-0.8
印刷する
【絶賛発売中】

酪農家だから書けた農場改善のヒストリー
若い酪農家が奮闘し
気がついたこと…

丸山 純 著

 

繁殖成績はV字回復できる!
それでも基本は
発情を見つけて種を付ける
=改訂版=


黒崎 尚敏/安富 一郎/鈴木 保宣/奥 啓輔 著

 

自給飼料増産60年の歩み
安定多収栽培とコスト削減のポイント

橋爪 健 著